Rakuten infoseek

辞書

冠位【カンイ】

デジタル大辞泉

かん‐い〔クワンヰ〕【冠位】
冠(かんむり)位(くらい)
朝廷における席次を示す位階制度。冠位十二階に始まり、大宝元年(701)廃止。こうぶり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんい【冠位】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんい【冠位】
かんむりと位。
冠の色や材料によって表す官人の朝廷における位階、およびその制度。推古天皇の時(603年)、冠位十二階を定めたのに始まる。その後天武天皇の時、親王四階、諸王八階、諸臣四十八階に改められたが、文武天皇の時(701年)、位記をもって代えられるまで約百年間続いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐い クヮンヰ【冠位】
〘名〙
① かんむりと
(かん)によって表わした位階。推古天皇一一年(六〇三)、初めて冠位の制を定め、一二階(各大小の徳冠、仁冠、礼冠、信冠、義冠、智冠)に分け、冠服共に色(紫、青、赤、黄、白、黒の濃淡)で区別した。天武天皇一四年(六八五)、親王、諸王一二階、諸臣四八階となった。
書紀(720)推古一一年一二月「始行冠位、大徳・小徳〈略〉大智・小智并十二階、並以当色絁縫之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冠位」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冠位の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.