Rakuten infoseek

辞書

冒す【オカス】

デジタル大辞泉

おか・す〔をかす〕【冒す】
[動サ五(四)]《「犯す」と同語源》
危険や困難を覚悟のうえで、あえてする。「風波を―・して出港する」
聖域・尊厳などを汚し傷つける。「神聖にして―・すべからず」
他家の姓を名のる。「養家の姓を―・す」
[可能]おかせる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おかす【冒す】
( 動五[四] )
〔「犯す」と同源〕
困難や危険を乗り越えて行動する。 「風雪を-・して救助に向かう」
病気などが人の心身をそこなう。また、薬品が他の物質をそこなう。 「結核に-・されている」 「アルミは酸に-・されやすい」 「念仏の時、睡ねぶりに-・されて/徒然 39
他人の姓を名乗る。 「他姓を-・す」 「高橋の姓は養家のを-・したので、僕の元の姓は大塚といふです/運命論者 独歩
[可能] おかせる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冒す」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冒すの関連情報

他サービスで検索

「冒す」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.