Rakuten infoseek

辞書

【サ】

デジタル大辞泉

さ【再】[漢字項目]
さい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい【再】
[接頭]名詞に付いて、ふたたび、もう一度の意を表す。「放送」「スタート」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい【再】[漢字項目]
[音]サイ(呉)(漢) (慣) [訓]ふたたび
学習漢字]5年
〈サイ〉ふたたび。「再会再刊再起再建再現再再再三再生再選再度再出発一再
〈サ〉その次の。「再来月再来週再来年
[難読]再従兄弟(はとこ)再従姉妹(はとこ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さい【再】
( 接頭 )
ふたたび、もう一度の意を表す。 「 -提出」 「 -開発」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい【再】
〘語素〙 (名詞の上に付き、接頭語的に用いて) ふたたび、もう一度の意を明示する語。「再縁組」「再調整」「再開発」など。
※世界人権宣言(1948)前文「基本的人権、人間の尊厳及び価値並びに男女の同権についての信念を再確認し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

再の関連情報

他サービスで検索

「再」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.