Rakuten infoseek

辞書

再発【サイハツ】

デジタル大辞泉

さい‐はつ【再発】
[名](スル)
おさまっていた病気がもう一度起こること。さいほつ。「再発のおそれのある病気」「がんが再発する」
同じような事態がまた発生すること。さいほつ。「事故の再発を防止する」「事件が再発するのを恐れる」
《「再発売盤」の略》前に発売したレコードやCDなどを、同じ原盤を用いて再び発売すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい‐ほつ【再発】
[名](スル)さいはつ(再発)」に同じ。
「例の嫂(あによめ)事件を―させては大変だと考えた」〈漱石行人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PET検査用語集

再発
一度治療などにより改善されたがんが、再び起こること。再び同じ部位にがんが再発する「局所再発」と、最初にがんができた場所とは違う場所に転移する「遠隔再発」があります。遠隔再発は局所再発に比べて、改善しにくいといわれています。

出典:PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいはつ【再発】
( 名 ) スル
同じ病気や事故などがもう一度起こること。 「一〇年前の病気が-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さいほつ【再発】
再発さいはつ」に同じ。 「事件を-させては大変だ/行人 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

再発
さいはつ
がんの治療後に、手術で切除しきれなかった腫瘍(しゅよう)が残って大きくなったり別の場所に転移してみつかること。肉眼では確認できない小さな腫瘍の遺残が増殖したり、薬物療法や放射線療法で一度縮小した腫瘍が大きくなったりした場合や(局所性の再発)、原発巣(はじめに発生した部位)とは別の部位に転移したものがみつかる場合(遠隔転移)をいう。
 血液やリンパのがん(白血病や悪性リンパ腫など)の場合、がん細胞が一定割合以下になることを「寛解」(一般的な治癒)といい、寛解後にふたたびがん細胞が一定割合以上になることは、再発ではなく「再燃」とよばれることが多い。また、前立腺(せん)がんの場合にも「再燃」とよばれることがある。[渡邊清高]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再発」の用語解説はコトバンクが提供しています。

再発の関連情報

他サービスで検索

「再発」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.