Rakuten infoseek

辞書

再生産【さいせいさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

再生産
さいせいさん
reproduction
人間は生産した消費財や生産財を消費ないし使用することによって生産過程で消耗した労働力や生産手段を更新し,再び新たな生産を行うという過程を継続的に繰返して生きているが,この消費と生産の反復を再生産という。消費と生産が同じ規模で反復するのを単純再生産,その規模が拡大しつつ繰返されるのを拡大再生産,縮小していくのを縮小再生産という。 F.ケネー経済表や K.マルクス再生産表式は国民経済全体の再生産の過程を初めて理論的に表式化したものとして有名である。現在では各国の再生産の過程は国民所得の循環を中心とする新国民経済計算体系 (新 SNA) によって統計的に示されるようになっている。なお最近は産業公害の発生とともに,廃棄物とその自然還元の過程を抜きにしては再生産を語ることはできなくなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐せいさん【再生産】
[名](スル)物質的財貨を生産し、分配し、消費することが不断に繰り返される過程。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいせいさん【再生産 reproduction】
どのような社会も存続していくためには消費生活を維持しなければならず,そのために生産の継続が不可欠な前提となる。こうしての生産がたえず繰り返されることを再生産といい,これが経済過程の実質的な内容をなしている。ところで生産が継続されるためには,生産要素をなす労働力と生産手段がたえず補塡(ほてん)されなければならない。このうち労働力は生活資料の消費を通じて確保され,生産手段は生産過程における財の生産の一部として再生産される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいせいさん【再生産】
( 名 ) スル
商品の生産と流通・消費の過程が不断に繰り返されること。また、その過程。
ある状態や行為が、再び次世代などに生じたり行われたりすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐せいさん【再生産】
〘名〙 生産が絶えず全体として繰り返されていくこと。また、その過程。その規模の不変・拡大・縮小によって単純再生産、拡大再生産、縮小再生産に分けられる。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一〇「セーラーたちが、食事をそれほど待ち、貪るのは、それが自分自身のためにする(これは資本家のために、再生産することにもなる)唯一の生活手段であるからだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再生産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

再生産の関連情報

他サービスで検索

「再生産」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.