Rakuten infoseek

辞書

再来【サイライ】

デジタル大辞泉

さい‐らい【再来】
[名](スル)
過去にあったのと同じ事柄・状態がまた起こること。「平和な時代が再来する」
一度死んだ人が再びこの世に生まれ出ること。生まれ変わり。「キリストの再来といわれる人」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐らい【再来】
[語素]週・年月などを表す語の上に付いて、次の次の、翌々という意を表す。
[補説]「日(にち)」には、「明後(みょうご)」を用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいらい【再来】
( 名 ) スル
また来ること。また現れること。 「一〇年前の黄金時代が-する」
一度死んだ人がまた生まれてくること。また、ある人の生まれ変わりだと思わせるような人。 「芭蕉の-といわれる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐らい【再来】
〘名〙
① 再び来ること。〔文明本節用集(室町中)〕
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一五「怪者の再来(サイライ)を慮りて」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② 死者や神仏が別の姿になって再びこの世に生まれ出ること。特に、かつての偉人、聖人や、ある事柄に似た人、事柄が再び現われること。また、その生まれ出たもの。再生。再誕。生まれかわり。
※百丈清規抄(1462)四「元朝は、釈迦の再来で国を以たと云ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さ‐らい【再来】
〘語素〙 次の次の。翌々。「再来週」「再来月」「再来年」など。
[補注]「さ」は和語接頭語「さ」とも、漢語の「再(さい)」の変化したものともいわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

再来の関連情報

他サービスで検索

「再来」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.