Rakuten infoseek

辞書

再建【サイケン】

デジタル大辞泉

さい‐けん【再建】
[名](スル)
焼けたり、壊れたりした建造物を建て直すこと。「倒壊した家屋を再建する」→再建(さいこん)
衰えたり、うまくいかなくなったりした会社や団体などをあらためて組織しなおすこと。「落ち目の政党を再建する」
負傷、手術などで失った部分をシリコンなどの人工素材を使ったり、自身の体の組織を移植したりして元のように形作ること。「再建術」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい‐こん【再建】
[名](スル)焼けたり壊れたりした神社や寺院などを建て直すこと。「本堂を再建する」
[補説]一般の建造物の場合は「さいけん」と読む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいけん【再建】
( 名 ) スル
失われていた建造物をもう一度建てること。さいこん。 「五重の塔を-する」
衰えたりしていた団体・組織・文明などをもう一度たて直すこと。 「組織の-に努める」 「会社を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さいこん【再建】
( 名 ) スル
〔「こん」は呉音〕
神社・仏閣などの建築物を再び造ること。さいけん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐けん【再建】
〘名〙
① 焼けたりこわれたりした建築物をたてなおすこと。
※通俗酔菩提全伝(1759)四「再建(サイケン)(〈注〉フタタヒコンリウ)已に成といへども、只両廊影壁の画未成ず」
② 一度おとろえたりすたれたりしたものを、もう一度つくり上げること。
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉霧夜「あなたは、日本がかうなってから、再建に何か有益な働きをするつもりで帰朝された?」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい‐こん【再建】
〘名〙 (「こん」は「建」の呉音) 建築物を建て直すこと。特に、神社、仏閣などを再び建立すること。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「或は何とやら寺の何やら堂。建立だの再建(サイコン)だのと、氏子や檀方(だんぱう)はいふもさら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再建」の用語解説はコトバンクが提供しています。

再建の関連情報

他サービスで検索

「再建」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.