Rakuten infoseek

辞書

冊子【サッシ】

デジタル大辞泉

さっ‐し【冊子】
糸で綴(と)じた本。また、書物一般をいう。「小冊子
書物の装丁で、糊(のり)または糸を用いて綴じたものの総称。巻子本(かんすぼん)以外の、粘葉(でっちょう)装大和(やまと)綴じなど。また、その装丁の本。綴じ本冊子本。策子(さっし)。草紙。草子。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さっし【冊子】
さくしの転
書いたものや印刷したものをとじたもの。 小-
書物の装丁の仕方の一。粘葉でつちよう・大和綴やまととじなど、巻子本かんすぼん以外のものの総称。草子。草紙。とじほん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さっ‐し【冊子】
〘名〙
書物丁で、巻子本(かんすぼん)以外の、糊(のり)や糸を用いて綴じたものの総称。粘葉(でっちょう)装、大和(やまと)綴など。また、転じて、綴(と)じた本。一般に書物。そうし。冊子本。
※日本紀略‐延喜一九年(919)一一月二日「詔以真言根本阿闍梨贈大僧正空海入唐求法諸文冊子卅帖。安置経蔵
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「敢て自から賤劣を顧みず、此子を著すに当て」 〔宋元学案‐象山学案〕
② 物語。作り話
随筆・癇癖談(1791か)上「かたりつづけて、冊子めくものとはなりにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冊子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

冊子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.