Rakuten infoseek

辞書

【えん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えん
日本の通貨の呼び名。明治4 (1871) 年の新貨条例制定により通貨の単位として円が登場。 1897年の貨幣法により金本位制度が確立し,純金 750mgを1円とした。その後 1931年末の金輸出禁止と銀行券兌換停止により金本位制度は停止され,円は管理通貨制度に移行した。第2次世界大戦中および戦後インフレーションと戦後の対外為替取引の停止を経て,49年4月に1米ドル=360円の基準為替相場が公定され,60年7月に対外交換性が回復された。円の価値は対内的にみると戦後のインフレーションの過程で著しく減価しているが,対外的な価値は相対的に強くなっており,71年 12月 19日1米ドル=308円に切上げられた。 73年2月変動為替相場制度に移行,85年9月プラザ合意後はさらに円高に推移し,94年6月には初めて1米ドル=100円を突破して2桁の数字を記録した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


えん
circle
平面上で,その上の一定点Oから一定の距離 r ( r >0) にある軌跡 C を円という。このOを円の中心,r を半径という。軌跡 C は平面の一部分を囲む連続閉曲線で,この曲線の内部の点全体 (領域) を含めて円というとき (→円板 ) は,C を特に円周と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん〔ヱン〕【円】
まるいこと。また、その形。「地面にを描く」「方
平面上で一点から等しい距離を保ちながら動く点の軌跡(円周)と、その内部。「同心
yen》日本の通貨単位。1円は100銭。明治4年(1871)の新貨条例により、に代わって円が定められた。記号は¥。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん【円〔圓〕】[漢字項目]
[音]エン(ヱン)(呉)(漢) [訓]まるい まどか つぶら
学習漢字]1年
〈エン〉
まるい。まる。「円周円錐(えんすい)円卓円盤全円楕円(だえん)団円長円半円方円
欠けたところがない。角(かど)がない。「円滑円熟円満
ある場所を中心として、その一帯。「関東一円
貨幣の単位。「円貨新円
〈まる〉「円顔円鏡円窓円天井
[名のり]かず・のぶ・まど・まる・みつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

JPY、日本円。日本の通貨。明治4年の新貨条例により「円」・「YEN」が定められ、初めての紙幣「明治通宝」(明治5年発行)、貨幣「20円金貨」・「10円金貨」等5種類(明治4年発行)から、この呼称は使われている。1900年代初頭は1ドル=2円、第1次大戦から第2次大戦の間に1ドル=4円まで下落。戦後の荒廃とインフレの中、円は1950年3月、1ドル=620円へ暴落。その後の1ドル=360円固定相場は1971年のニクソンショックで終わり、1973年から変動相場制

出典:(株)マネーパートナーズ

世界大百科事典 第2版

えん【円】

[円の起源
 円は日本貨幣の基本単位名であるが,1871年(明治4)制定の〈新貨条例〉によって採用された。銭・厘を補助単位とする十進法の計算体系をもつ。それまで流通の江戸期金貨には1601年(慶長6)制定の両・分(ぶ)・朱という単位が使用されていた。1両=4分,1分=4朱の四進法であり,鋳貨の形態にも小判形方形との2種があった。日本の貨幣制度を世界的水準にあわせようとして採用されたこの円銭厘体系の採用により,両分朱の単位は廃止された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えん【円 circle】
平面上において,1定点から一定の距離にある点全体の作る図形を円と呼び,その定点を円の中心という。円はふつうコンパスを用いて描かれるが,もっと素朴には,伸びない糸の一端を固定して,その周りに他端を回転させることによって得られる。このように,円は簡単に作られるまるくて美しい図形であるので,古くから人々に親しまれた。とくに,合理的な美を理想とした古代ギリシアの哲人たちは円を完全な図形と考え,プラトンなどは直線と円だけで作図できる図形を“幾何学的”とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ゆわん【円】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えん【円】
まるいこと。また、そのもの。まる。 「 -を描く」
〘数〙 一平面上で定まった一点(中心)から一定の距離にある点全体からなる図形。円周。また、これに囲まれた平面の部分。
1871年(明治4)に制定された日本の貨幣の単位。一円は一〇〇銭。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウォン【円】
〘名〙 (「円」の朝鮮漢字音)
大韓民国の通貨単位。一九六二年、従来の貨幣単位「圜(ホアン)」を改めたもの。
朝鮮民主主義人民共和国の通貨単位。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん ヱン【円】
〘名〙
① まるいこと。まるいもの。まるい輪。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「口を中心として急劇に円を劃して見る」
② 平面上の曲線の一つ。一定点から等距離にある点の軌跡。円周。また、それによって囲まれた平面の部分。〔工学字彙(1886)〕
③ 日本の貨幣の基本単位。銭の百倍。
※滑稽本・人心覗機関(1814)上「ヲット二円(ヱン)二方よしよし」
※小学読本(1873)〈田中義廉〉一「百銭を一円といふ」
④ 仏語。完全で欠けるところがないこと。
[語誌](③について) 近世、小判の形から、「両」と同意に使われたが、明治四年(一八七一)「新貨条例」によって採用され、純金四分(一・五グラム)に相当し、それまでの一両、または永一貫文にあたるとされた。しかし、実質的に金本位制が確立して金と直結したのは明治三〇年で、「貨幣法」によって純金の量目二分(〇・七五グラム)に相当すると定められた。昭和六年(一九三一)の金本位制離脱後は、対ドルあるいは対ポンド相場がその価値の基準となった。第二次大戦中から戦後にかけて円の価値は暴落したが、昭和二四年一ドル三六〇円とされた。昭和三九年日本がIMF八条国になるとともに、円の交換性は回復に向かい、さらに目ざましい経済力の成長から国際的にも、その価値が高まり昭和四六年一二月、一ドル三〇八円と切り上げられた。昭和四八年二月、アメリカがドルの再度の切下げを行なったのを契機に、主要国通貨はいずれも変動相場制に移行し、円もこれにならった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つぶ‐ら【円】
〘形動〙 まるくてふっくらとしているさま。小さくてまるいさま。つばら。
※倭姫命世記(1270‐85頃)「従此処に、円(つぶら)なる小山在りき」
※殉情詩集(1921)〈佐藤春夫〉昼の月「君が瞳はつぶらにて 君が心は知りがたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まと【円】
〘形動〙 =まどか(円━)〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まりりか【円】
〘形動〙 =まろらか(円━)
※大治本新華厳経音義(奈良末)「傭長 〈略〉倭言麻利々加爾(マリリカニ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

円の関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

「円」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.