Rakuten infoseek

辞書

円谷英二【ツブラヤエイジ】

デジタル大辞泉

つぶらや‐えいじ【円谷英二】
[1901~1970]映画の特殊撮影監督。福島の生まれ。本名、円谷(つむらや)英一。ミニチュア撮影やスクリーンプロセスなど特殊撮影技術の発達に尽力、「ゴジラ」で世界的な評価を得る。他に「ハワイ・マレー沖海戦」「空の大怪獣ラドン」「地球防衛軍」など。「ウルトラQ」「ウルトラマン」などのテレビ作品も多く手がけた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

円谷英二 つぶらや-えいじ
1901-1970 昭和時代の特殊撮影監督。
明治34年7月7日生まれ。松竹などをへて昭和12年東宝に入社,29年「ゴジラ」の特殊効果撮影で世界的な評価をえる。38年円谷プロを設立,「ウルトラマン」などテレビ映画を製作した。昭和45年1月25日死去。68歳。福島県出身。電機学校(現東京電機大)卒。本名は英一。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

つぶらやえいじ【円谷英二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つぶらやえいじ【円谷英二】
1901~1970) 映画カメラマン・特撮監督。福島県生まれ。本名、英一。戦時中の「ハワイ・マレー沖海戦」の特撮で脚光を浴び、日本初の怪獣映画「ゴジラ」などやテレビ映画「ウルトラマン」の製作などで、日本の特撮技術を世界に知らしめた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

円谷英二
つぶらやえいじ
(1901―1970)
映画の特殊撮影技術監督。福島県に生まれる。小笠原(おがさわら)プロなどを経て1935年(昭和10)にJ・Oスタジオ入社、日独合作映画『新しき土』(1937)を担当し、日本最初のスクリーンプロセス(バックグラウンド・プロジェクション)の技術を完成した。37年東宝へ入社し、特殊技術課を創設。『燃ゆる大空』(1940)、『ハワイ・マレー沖海戦』(1942)などで各種の賞を受賞した。第二次世界大戦後、大映で『虹男(にじおとこ)』『透明人間現わる』(ともに1949)などの特撮を手がけるが、50年(昭和25)に東宝へ復帰。日本初の怪獣SF映画『ゴジラ』(1954。日本映画技術賞受賞)に始まる一連のぬいぐるみ怪獣シリーズで特撮界のスター的存在となった。63年には円谷特技プロを発足させ、「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの特撮テレビ映画シリーズを製作放映し、怪獣ブームを巻き起こした。[森 卓也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円谷英二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

円谷英二の関連情報

関連キーワード

黒人問題[各個指定]芸能部門鉄鋼業ペン・セントラル鉄道ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)佐藤栄作内閣アラバール多国籍企業野村芳太郎フー

他サービスで検索

「円谷英二」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.