Rakuten infoseek

辞書

円覚寺【えんがくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

円覚寺
えんがくじ
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派本山。山号は瑞鹿山。建長寺に次いで鎌倉五山の第2位の禅刹弘安5 (1282) 年北条時宗創建の禅僧無学祖元開山とし,鎌倉禅宗文化の中心的役割を果した。国宝指定舎利殿は永禄6 (1563) 年焼失後,鎌倉尼五山の1つである太平寺仏殿を移したもので,宋の禅刹建築様式を伝える貴重な遺構。国宝の円覚寺梵鐘のほか『仏光国師像』など鎌倉時代の遺品が多い。境内庭園史跡名勝に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんがく‐じ〔ヱンガク‐〕【円覚寺】
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の大本山。山号は瑞鹿山。開創は弘安5年(1282)、開山は無学祖元開基北条時宗鎌倉五山の第二位。入母屋造(いりもやづく)りの舎利殿と梵鐘は国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

円覚寺
△神奈川県鎌倉市▽にある寺院。臨済宗円覚寺派本山。山号は瑞鹿山。1282年、北条時宗が無学祖元を開山として創建。鎌倉五山のひとつとして栄える。舎利殿、梵鐘は国宝に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかくじ【円覚寺】
沖縄県那覇市にあった臨済宗妙心寺派の寺。山号は天徳山。1492年に尚真王が父尚円追福のため首里城北側に起工し,94年に完成。開山は南禅寺46世椿庭海寿の法孫,芥隠承琥。95年に仏殿の右側に照堂を建て正統の神主(位牌)を奉安したが,1728年には仏殿を宗廟とした。王家の香華所として琉球第一の禅刹を誇った。役知は1672年に60石と定まり,95年に40石加賜され寺院の最高となった。伽藍修補などは1588年以降たびたびなされ,1721年に火災にあった際にも同年中に仏殿が再建された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えんがくじ【円覚寺】
鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の大本山。山号は瑞鹿山。北条時宗が弘安の役直後の1281年(弘安4)に建て,翌年無学祖元を開山に迎えて開堂の法要を営んだ。中国の径山(きんざん)を模した左右対称の宋風の伽藍配置で,本尊盧遮那仏。83年,時宗は幕府の祈願所とし,富田荘(愛知県)と亀山郷(千葉県)の土地を寄進している。時宗の死後,境内に廟所の仏日庵が成立し,つぎの執権貞時の廟所無畏堂も仏日庵に設けられて,北条氏の私寺的性格を強めたが,一方,1308年(延慶1)定額寺となり官寺の列にも加えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんがくじ【円覚寺】
鎌倉市にある臨済宗円覚寺派の大本山。山号、瑞鹿山。鎌倉五山の第二位。1282年北条時宗が創建。開山は宋僧無学祖元。鎌倉時代の代表的な禅宗寺院で、特に禅宗様建築の舎利殿(国宝)は有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

円覚寺
(青森県西津軽郡深浦町)
あおもり魅力百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円覚寺
(神奈川県鎌倉市)
かながわ未来遺産100」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円覚寺
(神奈川県鎌倉市)
鎌倉五山」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

円覚寺
(神奈川県鎌倉市山ノ内8)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんがく‐じ ヱンガク‥【円覚寺】
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派大本山。山号は瑞鹿山。鎌倉五山第二位。弘安五年(一二八二)北条時宗の創建で、宋僧無学祖元の開山。一重裳階付入母屋造りの舎利殿と梵鐘は国宝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

円覚寺
えんがくじ
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の総本山。鎌倉五山の第2位
1282年執権北条時宗が南宋の無学祖元を開山として建立。建長寺と並び代々北条氏の保護をうけ,関東の臨済宗の中心となる。舎利殿は禅宗様建築の代表的遺構として有名。洪鐘その他重要な文化財が多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円覚寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

円覚寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.