Rakuten infoseek

辞書

円借款【えんしゃっかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

円借款
えんしゃっかん
yen loan
発展途上国の経済開発と福祉の増進,あるいは国際収支の改善を支援するため,政府間の協定に基づいて海外経済協力基金 (現国際協力銀行) や日本輸出入銀行 (現国際協力銀行) が供与する円建ての国家的信用供与をいう。直接借款ともいう。政府開発援助 ODAのうち,国際機関などへの間接援助を除いた,相手国に対して直接行う融資であり,ごく一部を除き海外経済協力基金により実施される。円借款は,その使途により次のような種類に分けられる。 (1) プロジェクト・ローン 特定のプロジェクトに対する借款。援助枠を供与することにより複数のプロジェクトを対象とする借款。 (2) セクター・ローン バンク・ローンのように,あるセクターの複数プロジェクトに対して供与する借款。 (3) プログラム・ローン 国際収支上の困難を打開し,経済の安定を支援するために供与される借款で,商品援助がこれに含まれる。円借款は日本の ODAにおいて重要な地位を占めるばかりでなく,国際的にみてその資金規模はきわめて大きなものであり,金利が低く,条件や制限をつけないアンタイド率も高くなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

円借款
政府の途上国援助(ODA)の一形態で、国際協力機構を通じて低利で長期の開発資金を途上国に貸し付ける有償資金協力。かつてはひもつき援助が主流で、日本企業の利益優先が批判された。ODAには円借款のほか、保健や教育など向けの無償資金協力や、日本の高い技術を伝える技術協力などがある。
(2011-10-28 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

えん‐しゃっかん〔ヱンシヤククワン〕【円借款】
開発途上国の経済援助のために、日本政府が政府間の合意に基づいて行う円建て低金利融資。→政府開発援助

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんしゃっかん【円借款】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

えんしゃっかん【円借款】
外国との合意に基づいて、日本政府が行う円資金による信用供与。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円借款」の用語解説はコトバンクが提供しています。

円借款の関連情報

他サービスで検索

「円借款」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.