Rakuten infoseek

辞書

【ウチ】

デジタル大辞泉

うち【内】
[名]
(「中」とも書く)ある一定の区域・範囲の中。
㋐仕切られた内側。内部。「家の」⇔外(そと)
㋑中心または手前に寄ったほう。「に切れ込むシュート」
㋒ある範囲に含まれるもの。「会員のから探す」「これも仕事の」「苦しいにも張り合いがあった」
㋓外から見えないところ。うら。「を探ると、問題があるらしい」
㋔心の中。心。内心。「腹のを探る」「に秘めた思い」
㋕ある数量のなか。「三つのから一つを選ぶ」
㋖ある時間のなか。以内。あいだ。「一瞬のに消えた」「試合が二日のに迫る」「若いに苦労する」
自分が所属しているものをいう。
㋐(「家」とも書く)自分が一員として属する家。また、他人の家も含めて、一般に家庭・家族をいう。「が貧乏で苦労した」「じゅうで出かける」「よその
㋑(「家」とも書く)自分の夫、また、妻。「に相談してからにします」
㋒自分が所属するところ。「の会社」⇔よそ
㋓手紙の署名で、妻が夫の名に添えて「内」と書き、代筆であることを示す。
(「家」とも書く)建物としての家。家屋。「いいに住んでいる」
(「裡」とも書く。「…のうちに」の形で)物事の行われる状況を表す。「暗黙のに理解しあう」「会は成功のに終わる」
仏教に関すること。仏教以外、特に儒教を「外(そと・ほか)」というのに対していう。
ひと続きの時間。特に、現世という限られた時間。
「たまきはる―の限りは平らけく安くもあらむを」〈・八九七〉
内面。内輪。うちとけた面。
「外(ほか)には仁義礼智信の五常を守りつつ、―にはまた、花鳥風月、詩歌管絃を専らとし」〈謡・経政
宮中。内裏(だいり)。
「君はまづ―に参り給ひて」〈・若紫〉
天皇。
「―の渡らせ給ふを、見奉らせ給ふらむ御心地」〈・一二八〉
[代]一人称の人代名詞。わたし。わたくし。自分。関西地方で、多く女性が用いる。「は嫌やわ」
[アクセント]17はウチ。
[用法]うち・なか――ある仕切りで区切られた空間・平面などを表す場合は、「外は寒かったが、部屋の内(中)には暖かく火が燃えていた」のように、「内」も「中」も同じように使うが、「内」のほうがやや文語的な言い方である。◇ある状態にあることを示す「雨の中を歩く」「忙しい中を無理に頼む」などは「内」に置き換えられない。また「中の指」のように順序の中間を示すときも「内」とはいわない。◇「大勢の応募者の内(中)から選ばれた人」のように「内」「中」は、また、ある範囲を示すこともある。この場合、ある時間の範囲内であることを示す「朝、まだ暗い内に出発した」や、事柄がある範囲に含まれることを示す「苦労するのも勉強の内だ」などでは、「内」を「中」で置き換えることはできない。
[下接句]足元の明るいうち蝙蝠(こうもり)も鳥の内舌の根の乾かぬうち自慢高慢馬鹿(ばか)の内腹も身の内卑下も自慢の内目の黒いうち目高も魚(とと)の内夜目(よめ)遠目(とおめ)笠(かさ)の内

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい【内】[漢字項目]
ない

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない【内】
うち。なか。内部。「ディスクの情報」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない【内】[漢字項目]
[音]ナイ(呉) ダイ(漢) [訓]うち
学習漢字]2年
〈ナイ〉
ある範囲のうちがわ。「内外内臓内部内面内容案内以内屋内管内圏内構内国内車内体内町内
仲間うち。組織や国の中。「内訌(ないこう)内政内戦内紛内乱
家庭。妻。「内室内助家内
宮中。朝廷。「内供(ないぐ)内帑(ないど)
表立たないさま。うちうち。「内示内情内定内偵内密
中に入れる。「内服内用
〈ダイ〉
うちがわ。「宇内海内境内
宮中。「内裏参内入内(じゅだい)
〈うち〉「内側内金(うちきん)内幕幕内身内
[名のり]ただ・ちか・のぶ・はる・まさ・みつ
[難読]内耗(うちべり)河内(かわち)内障(そこひ)内匠(たくみ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ない【内】
うち。なか。内側。
〘仏〙 仏教の側から、仏教の立場をとる教え、書物などをさす言葉。 ⇔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない【内】
【内】 [音] ナイ ・ダイ
一定の範囲のなか。うち。 「《ナイ》内科・内海・内外・内角・内港・内在・内耳・内接・内臓・内地・内野・内容・以内・管内・国内・室内・市内・車内・城内・体内」 「《ダイ》宇内・海内・境内けいだい
心の中。 「内省・内面」
家庭の内部。家のなか。 「内儀・内室・内助・家内」
宮中に関すること。 「《ナイ》内苑・内記・内府」 「《ダイ》内裏・参内・入内じゆだい
組織や共同体の内部。なかまうち。 「内訌ないこう・内紛・内乱」
公表されない。うちうちの。 「内意・内縁・内応・内規・内済・内緒・内申・内談・内通・内定・内偵・内内・内密・内命」
いれる。 「内服・内用薬」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うち【内】
[1] 〘名〙
① 空間的、平面的に、ある範囲や区画、限界などの中、すなわち、外側でないほうをいう語。⇔そと
※書紀(720)斉明四年一〇月・歌謡「おもしろき 今城(いまき)の禹知(ウチ)は 忘らゆましじ」
※保元(1220頃か)下「外には三国の難あり、内には姦臣あつまれり」
② 囲みおおわれた内部。奥まったところ。外から見えない部分。
(イ) 表面、外部でないほうを広くいう語。
※古事記(712)上「是に出でむ所を知らざる間に鼠来て云ひけらく、内(うち)は富良富良(ほらほら)
(ロ) 御簾(みす)、局(つぼね)などの内部。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「うちよりかはらけ出ださせ給ふとて」
(ハ) 家、屋敷の内部。
※隆信集(1204頃)詞書「ひとつうちなれど、ふみに書きつづけていひつかはしたるを」
③ 一定時間の間。
(イ) 一続きの時間。また、それに含まれるある時。
※万葉(8C後)一九・四一七四「春の裏(うち)の楽しき終(をへ)は梅の花手折りをきつつ遊ぶにあるべし」
※古今(905‐914)春下・一一七「やどりして春の山辺にねたる夜は夢の内にも花ぞちりける〈紀貫之〉」
(ロ) (「現(うつ)」に同じかという) 現世という(限られた)時間。生きている間。現世。
※万葉(8C後)五・八九七「たまきはる 内(うち)の限りは 平けく 安くもあらむを」
(ハ) (多く用言の連体形を受け、「に」を伴って形式名詞のように用いる) ある状態、動作が継続している間に別のことが起こるのをいうのに用いる。
※土左(935頃)承平五年二月七日「くやしがるうちに、よるになりて」
④ 程度、分量などで、ある限度を越えていないこと。以下。以内。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「年廿歳よりうちの人十人」
※方丈記(1212)「高さは七尺がうちなり」
⑤ 複数のものの中。ある種類に属する人。また、ものごと。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「己れをばそのうちに入れられぬ」
⑥ 人の精神、心理、気持。心の中。胸のうち。
※万葉(8C後)一九・四一五四「いきどほる 心の宇知(ウチ)を 思ひ延べ うれしびながら」
※保元(1220頃か)上「宿善内にもよほし善縁外にあらはれて」
⑦ 朝廷に関する人やものごとを直接に言うことをはばかって間接的に示す語。
(イ) 宮中。禁中。内裏。おおうち。
※令義解(718)獄「其被勑推。雖官当除免。徒以上。不内」
(ロ) 天皇。みかど。
※延喜十三年亭子院歌合(913)「左はうちの御歌なりけり」
⑧ 仏者の立場で、自分たちの側に関することをいう語。仏教以外、特に儒教を「外(そと・ほか)」とするのに対する。
※平家(13C前)二「内には五戒をたもって慈悲を先とし、外には五常をみださず」
⑨ 表立たない、個人的なものごとをいう語。私的な事柄。身のまわり。
※保元(1220頃か)下「されば三夫人〈略〉八十一女御ありて、内、君を助け奉る」
⑩ (家) (②(ハ) から転じて) 家、家の建物、家庭。
(イ) 自分の家、家庭。わが家。
※玉塵抄(1563)二五「うちでもえぼしかみしもきづめにして」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「失礼ですが、私は、宅(ウチ)へ何とも申置ませんでしたから」
(ロ) 一般の家、家庭。商店などについてもいう。
※万葉(8C後)一一・二三五二「新室を 踏み静む子し 手玉鳴らすも 玉のごと 照りたる君を 内(うち)にと申せ」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「ここのうちの肉もずいぶんいいけれども」
(ハ) ((イ)から) 比喩的に、自分の属する所。「うちの社長」「うちのチーム」
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「内(ウチ)の親方と一緒に」
(ニ) 外出しないで家にいること。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「馬鹿、貴様が内だと云ったらう。今急用があって外へ出たと云ふがいい」
⑪ 同じ家の中に住む配偶者。
(イ) 妻。内儀。家内。他人の妻をいう場合は「おうちさま」「おうちさん」などの形で用いる。また、書状などで、夫の名の下に記し、妻自身が用いることも多い。
※武田勝頼夫人願文署名‐天正一〇年(1584)二月一九日「みなもとのかつ頼うち」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「お袋さまやお内さまか」
(ロ) 自分の夫。うちの人。うちの。
※洒落本・狐竇這入(1802)二「内(ウチ)に大きにしかられました」
⑫ (多く「に」を伴って形式名詞として用いる。…という条件の範囲内にあるの意から)
(イ) その中でも特に。そればかりか。その上に。
※落窪(10C後)一「さやうの事かけてもおぼしたたぬうちに、いみじく色好みと聞き奉りし物を」
(ロ) とはいうものの。にもかかわらず。
※徒然草(1331頃)一六六「下より消ゆること、雪のごとくなるうちに」
⑬ (「裏」「裡」を訓読したものか。多く「の」を受けて用いられる) 物事の経過する間の状況、環境などを示すのに用いる。終始そのようなさまであるあいだ。「暗黙のうちに」
※米国及び英国に対する宣戦の詔書‐昭和一六年(1941)一二月八日「事態を平和の裡に回復せしめむとし」
⑭ 郭(くるわ)の中。なか。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「きつう酔(ゑ)ふてござんす故〈略〉うちからお駕籠(かご)にめさせます」
[2] 〘代名〙 自称。関西を中心とする方言。主として婦女子が用いる。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉一「神酒は屹度(きっと)うちが飲まして上げらあな」
[語誌](1)「うち」は(一)②のように「閉鎖的な内部」の意を上代からもつため、本来他に対して開くことをしない「心」や、内的現象として考えられる「夢」などと結びついてよく用いられた。
(2)「うち」は閉鎖的な意をもつ「隠る」「籠る」「籠む」「埋もる」などの動詞と共存しやすく、逆に「明示的な中心部」の意をもつ「なか」はそれらと共存しにくい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うつ【内】
語素〙 名詞の上に付いて、内側、内部の意を添える。「うつあし」「うつもも」「うつほ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない【内】
〘名〙
① うち。なか。内部。内側。奥。⇔外(がい)
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「光の波長が一粍の二千分の一乃至三千分の一位の範囲内にあるのでなければ」
② 仏語。
(イ) 仏教以外の教えに対して仏教の教え、あるいは仏教内の自己の立場をさす。また、世間に対する出世間。⇔外(げ)
※霊異記(810‐824)上「外を学ぶる者は、仏法を誹り、内を読む者は外典を転みす」 〔南本涅槃経‐一五〕
(ロ) 六根、または六識などの識(心)をさす。
※大乗法相研神章(822頃)二「問拠心内境唯境耶。答。其境之体通於内外。外無内有。識唯在内」
③ 身体の内部。内臓。
※譬喩尽(1786)三「内(ナイ)が悪ひ、内(ナイ)に熱が有など、内(ナイ)と唱ふ。医書外邪等対語也」
④ 「ないじん(内陣)」の略。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「太刀は多聞のつるぎ、刀は八幡と心ざし、ないの柱に立てをかせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.