Rakuten infoseek

辞書

内面【ウチヅラ】

デジタル大辞泉

うち‐づら【内面】
家族や内輪の人に対する顔つきや態度。「内面が悪い人」⇔外面(そとづら)
物の内部。内側。ないめん。⇔外面(そとづら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐めん【内面】
物の内側の面。⇔外面
精神・心理に関する面。心の中。「内面の動揺を隠す」⇔外面

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うちづら【内面】
家族や内輪の人に見せる顔つきや態度。 ⇔ 外面そとづら 外面はいいが-は悪い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないめん【内面】
物事の内側。外側からは見えない部分。内部。 胃の-
精神・心理に関する方面。 -の苦悩
▽⇔ 外面

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うち‐づら【内面】
〘名〙
① 物の内部内側。ないめん。
※史記抄(1477)一四「内つらの爪のはつは厥陰肝経大敦穴也」
※勇魚取絵詞(1829)上「その土塀の内面(ウチヅラ)に」
② 家族や内輪の人に見せる顔つき、態度。⇔外面(そとづら)
※直木三十五を悼む(1934)〈菊池寛〉三「内づらが極めてわるい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐めん【内面】
〘名〙
① 物の内部に向いた面。うちがわ。内部。
※日本風俗備考(1833)一八「壁の内面は紙を張貼し」
② 人間の精神心理に関する面。心の中。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉四「病気の経過に伴れて起こる内面の生活」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.