Rakuten infoseek

辞書

内陸国【ないりくこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内陸国
ないりくこく
landlocked countries
無沿岸国ともいう。陸に囲まれて海岸をもたない国。国連海洋法条約は「内陸国の海に対する出入り権利および通過の自由」を規定し,海上交通の不利に配慮している。海洋資源に関して沿岸国より不利な地位におかれることについても,内陸国が排他的経済水域の生物資源の余剰分の開発に参加する権利を規定し (同 69条) ,また深海底制度においても特別な考慮を払っている (同 148条) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ないりく‐こく【内陸国】
内陸にあり、海岸をもたない国。内陸国は沿岸国と同等の条件で公海の自由を享有するため、海岸との間にある国との合意により、その国の領域を自由に通過することができる。オーストリアスイスなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ないりくこく【内陸国】
陸に囲まれ海岸を持たない国。内陸国は公海の自由などを享受するため、海への出入りの権利を有する。そのため、海岸との間にある国を通過する権利が認められる。通過の条件は、通過国との合意によって定められる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内陸国
ないりくこく
landlocked countries
陸に囲まれ海岸をもたない国で、無海岸国ともいう。内陸国は、海と接していないが、公海の自由を享有するためその船旗を掲げて海洋へ出入りすることが認められてきた。このため海と内陸国の間にある国は、その海港への出入りとその使用について、自国船または第三国の船と同様な均等待遇を与え、かつ海と内陸国の間の国の領域のとくに貨物の通過の自由を与えるべきものとされている。国連海洋法条約は、海の資源の開発に関連して、内陸国および地理的に不利な地位にある国々は、隣接する沿岸国の経済水域における生物資源の開発利用に参加する権利、および深海底の海の鉱物資源の開発活動から得られる利益の分与を認めている。[中村 洸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ないりく‐こく【内陸国】
〘名〙 陸地に囲まれ海岸を持たない国。公海に関する条約(一九五八)により、内陸国は沿岸国と同等の条件で、自由に海洋に出入するため、海岸との間にある国と、相互主義に基づいてその国の領域の自由な通過が認められている。オーストリア、スイス、チャド、中央アフリカなどが典型。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内陸国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内陸国の関連情報

他サービスで検索

「内陸国」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.