Rakuten infoseek

辞書

内陣【ないじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内陣
ないじん
chancel
建築用語。外陣に対する。キリスト教の聖堂において,大祭壇が置かれ,聖職者の専用する部分をいう。6~7世紀頃より通常は聖堂の東端にある。身廊の会衆席との境界は,内陣仕切り柵によって区分されるが,床面が一段と高くなりほかの身廊部分と区別されるものもある。側廊が内陣のまわりをめぐるアンビュラトリー (周歩廊) を形づくる場合,内陣仕切り柵は内陣の全周を囲み,側面は聖歌隊席 (コワイアー) の椅子の背となる。またカロリング朝およびロマネスクまでのドイツには聖堂の西端にも内陣を設けた二重内陣形式がある。東洋でも仏教,神道において,本尊や祖師像などを安置する至聖所を,その前面の,一般人の立入る外陣と結界を設けて区分し内陣という。時代,宗派により,柵によって区分する場合と,漆喰の壇を設ける場合など異同がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐じん〔‐ヂン〕【内陣】
社寺の内部で、神体または本尊を安置してある奥の間内殿。⇔外陣(げじん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないじん【内陣】
神社の本殿寺院本堂で,神体あるいは本尊を安置してある神聖な場所をいう。内陣は外陣(げじん)に対する言葉で,普通最も奥まった所に設ける。内陣・外陣は格子戸,あるいは結界(けつかい)を設けて区別するのが普通で,ときには内陣にさらに一区画を設けて内々陣とする場合がある。南都諸大寺の場合には,堂自体が奥行きが浅いために,内陣・外陣の間仕切りはなく,須弥壇のある中央部とその周辺を内陣・外陣と呼んでいるが,密教寺院では,内陣を外陣と厳重に区画する場合が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ないじん【内陣】
神社や寺院の内部で、神体または本尊を安置する最も奥の部分。内殿。 ⇔ 外陣げじん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐じん ‥ヂン【内陣】
〘名〙
神社の本殿や仏寺の本堂の奥にあって、神体または本尊を安置しておく所。⇔外陣(げじん)
※吾妻鏡‐文治元年(1185)九月二九日「南御堂内陣板敷」
② 女陰をいう隠語。奥の院。
浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)上「はだかにして、腹なり内陣のありさま、ことごとく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内陣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内陣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.