Rakuten infoseek

辞書

内談【ナイダン】

デジタル大辞泉

ない‐だん【内談】
[名](スル)
内々に話し合うこと。また、その相談。「運動方針について内談する」
室町時代、引付衆(ひきつけしゅう)が行った政務評定

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないだん【内談】
室町幕府において,引付方侍所政所(まんどころ),問注所,地方(じかた)などの各部局内会議のことを内談と称した。中でも,所領問題についての裁判機関である引付方の内談は重要で,引付衆のことを内談衆とも呼んだ。内談の次第は,15世紀後半に著作されたとみられる《武政軌範》に見える。それによれば引付内談は,定期的には月6回,引付頭人邸で開かれ,引付および奉行人が出席する。奉行人中の古参者が会議の事務長役である開闔かいこう)を務める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ないだん【内談】
スル
内々で話し合うこと。内密の相談。 役員数人で-した結果
室町幕府の引付ひきつけの通称。また、引付における評議をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐だん【内談】
〘名〙
① (━する) 内々で話しあうこと。内密に話しあうこと。また、その相談。下相談。密談。内話。
※吾妻鏡‐元久元年(1204)八月四日「御迎以下用意事、今日有内談
② 室町幕府の訴訟手続きの一つで、判決原案作成のための評議のこと。特に引付方(ひきつけかた)、あるいは内談方(ないだんかた)のそれを指す。
※沙汰未練書(14C初)「所申有其謂者、内談之時、先以入門其沙汰

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内談」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内談の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.