Rakuten infoseek

辞書

内親王【ないしんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内親王
ないしんのう
大宝令』では皇姉妹ならびに皇女を称したが,奈良時代末期からは,親王宣下のあった皇女だけをいうようになった。現行の『皇室典範』では,皇女および嫡男系の皇孫女を内親王と称している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐しんのう〔‐シンワウ〕【内親王】
皇室典範で、嫡出皇女および嫡男系嫡出の皇孫である女子。旧皇室典範では、皇女から皇玄孫までの女子をいった。
律令制で、天皇の姉妹および皇女。うちのみこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないしんのう【内親王】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ないしんのう【内親王】
律令制で、天皇の姉妹・皇女。うちのみこ。うちのひめみこ。
皇室典範では、嫡出の皇女および嫡男系嫡出の皇孫である女子。
▽⇔ 親王

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内親王
ないしんのう
(りょう)制では天皇の姉妹・皇女をいう。明治の皇室典範(てんぱん)では皇女より皇玄孫である女子までを内親王と定めたが、現制では嫡系の皇孫である女子までに限られた。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐しんのう ‥シンワウ【内親王】
〘名〙
① 令制で、天皇の姉妹および皇女。うちのみこ。
※続日本紀‐大宝元年(701)七月壬辰「皇大妃、内親王、及女王、嬪封各有差」
② 明治以降、皇室典範で、嫡出の皇女および嫡男系嫡出の皇孫である女子。
※皇室典範(明治二二年)(1889)三一条「皇子より皇玄孫に至るまでは男を親王女を内親王とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内親王の関連情報

他サービスで検索

「内親王」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.