Rakuten infoseek

辞書

内裏式【だいりしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内裏式
だいりしき
平安時代前期の宮中で行われた恒例臨時儀式を記した書物。3巻。弘仁 12 (821) 年嵯峨天皇を受けて藤原冬嗣良岑安世 (よしみねのやすよ) らが編集し,その後の変更した部分を,天長 10 (833) 年淳和天皇の命を受け,清原夏野らが修正した。貴族の必読書であったばかりでなく宮中で儀式が挙行される際には,必ず箱に納め,天皇のそばに置いておくならわしであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいりしき【内裏式】
平安前期の有職故実書。3巻。嵯峨天皇勅命により、藤原冬嗣らが撰。弘仁12年(821)成立。天長10年(833)清原夏野らが改訂。宮中の年中行事方式などを定めたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいりしき【内裏式】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいりしき【内裏式】
有職書。三巻。821年藤原冬嗣ら撰進、833年清原夏野ら修補。後世、宮中儀式の典範として尊重された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内裏式
だいりしき
古代儀式の書。3巻。内裏で行われる恒例・臨時あわせて23の儀式の細目を記したもの。藤原冬嗣(ふゆつぐ)ら7名が嵯峨(さが)天皇の勅命を奉じて編纂(へんさん)し、821年(弘仁12)奏上した。しかし現在伝わるのは833年(天長10)清原夏野(なつの)らがさらにそれを改訂したもの。なお、嵯峨天皇のときに編纂された儀式書には別に『弘仁(こうにん)儀式』10巻があり、その内容は70の儀式の細目で本書より詳しい。また別に『内裏儀式』一巻が伝わり、本書と同文のところが多く、これら三書の関係や成立事情をめぐって江戸時代以来、諸説がある。[今江廣道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいりしき【内裏式】
平安初期の有職故実書。三巻。嵯峨天皇の勅命により藤原冬嗣らが弘仁一二年(八二一)に撰進、天長一〇年(八三三)に清原夏野らにより改訂された。承和年間(八三四‐四八)の補筆部分もある。宮廷の各儀式を恒例・臨時の二部に分けて定めたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

内裏式
だいりしき
平安初期,宮中の儀式を記した書
全3巻で,上中2巻は恒例の行事,下巻は臨時の儀式を記す。嵯峨天皇の命で,821年に藤原冬嗣らが編纂し,833年に清原夏野らが改訂した。宮中儀式の基本として珍重された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内裏式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内裏式の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.