Rakuten infoseek

辞書

内臣【うちつおみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内臣
うちつおみ
大化改新発足に際し,左大臣,右大臣とともに新設され,中臣鎌足 (→藤原鎌足 ) が任じられた官。ただし,常置の官ではなく,その職掌は明らかでない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内臣
ないしん
内臣」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

内臣 うちのおみ
?-? 6世紀中ごろの武人。
名は不明。百済(くだら)(朝鮮)からの援軍要請をうけた天皇の命で,欽明(きんめい)天皇15年(554)1000人のをひきいて渡海し,新羅(しらぎ)(朝鮮)の要城の函山城(かむむれのさし)(忠清北道沃川)を陥落させた。有至臣ともかく。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ないしん【内臣】
古代国家の官職名。日本古代においては常設の官ではなく,時の権力者に与えられた臨時の官で,任例は645年(大化1)の藤原鎌足,721年(養老5)の藤原房前(ふささき),771年(宝亀2)の藤原良継,778年の藤原魚名の4例のみである。の制度に規定のない令外の官職で,制度上の職掌,地位,性格は未詳である。ただし,藤原良継の任命時に官位,禄賜職分雑物は大納言と同じとされ,食封1000戸(左右大臣と大納言の中間)と定められたことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ない‐しん【内臣】
〘名〙 古代の官職の一つで、天皇の近臣として政治顧問としての役割を担当。大化元年(六四五)孝徳天皇即位の日に中臣鎌子連(後の藤原鎌足)が任ぜられ、序列は左右大臣の下であったが、政治の実権を握っていたので、重要な職となる。令制下では、鎌足の子孫の房前、良継、魚名が任ぜられたが、名誉職的なものであった。うちつおみ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

内臣
うちつおみ
律令制以前の官職名
645年大化の改新の際新設され,中臣鎌足 (かまたり) が任命された。左右大臣と並ぶ重要な官職だが常置ではなく,令制の官職にもない。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内臣
ないしん

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内臣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内臣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.