Rakuten infoseek

辞書

内容【ないよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内容
ないよう
contenu; content
一般的には物,事の中味をいう。哲学上では常に形式と相関的に用いられる。内容と形式の問題はすでに古代ギリシアに始るが,プラトンのイデア論を発展させたアリストテレスにおいて「形相 (エイドスあるいはイデア) 」と「質料 (ヒュレ) 」の対立として明確化された。近代哲学でカントは先天的な認識作用および法則性を形式とし,後天的な質料に対立させ,ヘーゲルは内容と形式との相関的弁証法を繰返すことによって普遍性に達しうると説いた。 F.ブレンターノ以後の現象学においては内容は作用と区別され,意識において「意識されたもの」と「意識する働き」とが分けられ,前者は内容,後者は作用と呼ばれる。 (→ノエシス )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ない‐よう【内容】
容器や包みなどの、中に入っているもの。なかみ。「手荷物の内容を申告する」
物事を成り立たせているなかみ。実体。実質。「試合の内容に不満が残る」
文章や話などの中で伝えようとしている事柄。意味。「手紙の内容」「内容のない番組」
哲学で、事物や事象を成立させ、また、表面に現れている実質・意味。⇔形式

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないよう【内容】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ないよう【内容】
入れ物などの中に含まれているもの。中身。 「荷物に-を表示する」
一定の形式をとって形をなすものの中を満たして、そのものを成り立たせている事柄。物事の実質や価値。 「小説の-」 「 -に乏しい議論」 「 -のない人間」
〘哲〙
事物を成り立たせる実質や素材。
事物がもっている意味・価値。
形式 〔「孛和袖珍字書」(1872年)にドイツ語 Inhalt の訳語として載る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない‐よう【内容】
〘名〙
① ある形をとっているものの内部に含まれて存在しているもの。物のなかみ。また、文章や話などで、表現されている事柄。
一年有半(1901)〈中江兆民〉一「但其内容を為す所の人物は、大勲位を首とし他総務連中に至る迄、無気力、無志概の人々なるを以て」
② 哲学で、認識作用や直覚作用によってとらえられた経験、あるいは、意識作用に対して意識に示された質的な所与(データ)全体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内容」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内容の関連情報

他サービスで検索

「内容」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.