Rakuten infoseek

辞書

内匠寮【タクミリョウ】

デジタル大辞泉

たくみ‐りょう〔‐レウ〕【内匠寮】
令外(りょうげ)の官中務(なかつかさ)省に属し、宮中器物造営殿舎装飾をつかさどった役所。うちのたくみのつかさ。たくみづかさ。
宮内省部局の一。庭園土木・建築に関することを管掌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うちのたくみ‐の‐つかさ【内寮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たくみ‐づかさ【内寮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たくみりょう【内匠寮】
728年(神亀5)設置の令外官。中務(なかつかさ)省に所属し,頭・助・大允・少允・大属・少属のいわゆる四等官,その下に史生・使部,各種匠手(たくみ)を置き,巧匠・技芸の事をつかさどる。〈内〉の字を用いることから知られるように,もっぱら宮廷の需要に応じるための官庁。774年(宝亀5)大蔵省の典鋳司を併合,796年(延暦15)錦・綾・(うすはた)等を織る匠手20人を中務省の内蔵寮へ分割,808年(大同3)中務省の画工司,大蔵省の漆部(ぬりべ)司を併合。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たくみづかさ【内匠寮】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たくみりょう【内匠寮】
728年設置の令外官。中務省に属し、調度の作製・装飾をつかさどった役所。たくみづかさ。うちのたくみのつかさ。
旧制で、宮内省の部局名。宮殿などの建築・土木・造園などを管掌した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うちのたくみ‐の‐つかさ【内匠寮】
〘名〙 令外(りょうげ)の官。中務省に属して調度の製作、装飾に従った。神亀五年(七二八)設置。のちに典鋳司(てんちゅうし)、画工司(えだくみのつかさ)、漆部司(ぬりべのつかさ)を併合。職員に頭以下の四等官のほかに史生八人、駈使丁二〇人などがある。たくみりょう。
※三代格‐四・神亀五年(728)七月二一日「内匠寮頭一人」
※二十巻本和名抄(934頃)五「内匠寮〈宇知乃多久美乃豆加佐〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たくみ‐づかさ【内匠寮】
※源氏(1001‐14頃)桐壺「さとの殿は、すりしき・たくみづかさに宣旨くだりて、になうあらためつくらせたまふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たくみ‐りょう ‥レウ【内匠寮】
〘名〙
① =うちのたくみのつかさ(内匠寮)〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 宮内省の一部局。明治一八年(一八八五)に設置され、建築・土木・庭園に関することをつかさどった。庭園に関することは、同三七年から大正三年(一九一四)の間、別に内苑寮(はじめは「局」)として分離したこともある。昭和二〇年(一九四五)、主殿寮(とのもりょう)の設置により廃された。〔宮内省官制(明治四〇年)(1907)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないしょう‐りょう ナイシャウレウ【内匠寮】
〘名〙 (「内匠(たくみ)寮」の音読み)
① 令外の官司で、中務省(なかつかさしょう)に属し、宮中の器物・工匠のことをつかさどり、殿舎の装飾などにあたった役所。神亀五年(七二八)設置。うちのたくみのつかさ。
※御伽草子・梵天国(室町末)「梵天王の自筆の判を参らせければ、不思議さよとて、ないしゃうれうの蔵に納められけり」
② 明治一八年(一八八五)宮内省に置かれた一部局。帝室の土木、工匠や庭園のことをつかさどった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内匠寮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内匠寮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.