Rakuten infoseek

辞書

内侍【ないし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

内侍
ないし
令制における後宮内侍司女官。尚侍 (しょうじ,ないしのかみ) ,典侍 (てんじ,ないしのすけ) ,掌侍 (しょうじ,ないしのじょう) のことをいったが,平安時代中頃からは掌侍のことをさすようになった。掌侍は従五位相当で,これまで尚侍が司っていた奏請,伝宣のことに関係するようになった。一の掌侍を勾当 (こうとう) 内侍,また長橋局 (ながはしのつぼね) という。斎宮斎院などにも内侍と称する女官がいた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うち‐さぶらい〔‐さぶらひ〕【内侍】
鎌倉時代、母屋から続く東西の廊に設けられた、警備・宿直のための武士の詰め所。→遠侍(とおさぶらい)外侍(そとさぶらい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐し【内侍】
内侍司(ないしのつかさ)の女官の総称。また特に、掌侍(ないしのじょう)のこと。
斎宮寮(さいぐうりょう)の女官。
厳島(いつくしま)神社に仕えた巫女(みこ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うちさむらい【内侍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ないし【内侍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うちさぶらい【内侍】
主殿の中に設けた警護の武士の詰め所。うちざむらい。 ⇔ 外侍遠侍 「 -には一門源氏上座して/平家 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないし【内侍】
律令制で、内侍司の職員である尚侍ないしのかみ・典侍ないしのすけ・掌侍ないしのじようの総称。本来は天皇の日常生活に供奉ぐぶする女官であるが、平安中期には、妃・夫人・嬪ひんら天皇の「妾」に代わる存在となり、また、単に内侍といえば、掌侍をさし、その筆頭者を勾当こうとうの内侍と呼ぶようになる。
斎宮寮の女官の一。他に女別当・宣旨せんじが知られる。
安芸国厳島いつくしま神社に仕える巫女みこ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

内侍
ないし
後宮の官司である内侍司(ないしのつかさ)の、おもに典侍(ないしのすけ)・掌侍(ないしのじょう)を内侍と称するが、平安後期以降は掌侍のみをさすようになる。内侍司は天皇に常侍し、奏請・宣伝や宮中の礼式等を掌(つかさど)る司であったが、平安時代以後は後宮の女司の中心となった。平安中期以降には上皇・三后・斎宮などに内侍と称する職が置かれ、中宮内侍・斎宮内侍等とよばれる。また内侍所(ないしどころ)(温明殿(うんめいでん)の神器安置の場所。また女官の詰所・執務機関)にも内侍という女官が置かれたらしい。令(りょう)制では典侍4人、掌侍4人であるが、平安時代以後は権任(ごんにん)が加わった。『禁秘(きんぴ)抄』に第一の掌侍を勾当内侍(こうとうのないし)と称することが記されるが、近世ではその曹司(ぞうし)にちなんで長橋殿(ながはしどの)・長橋局(つぼね)とよんだ。[黒板伸夫]
『角田文衛著『日本の後宮』(1973・学燈社) ▽須田春子著『平安時代後宮及び女司の研究』(1982・千代田書房) ▽和田英松著、所功校訂『新訂官職要解』(講談社学術文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うち‐さぶらい ‥さぶらひ【内侍】
〘名〙 主殿の東西の板敷きの場所。警護の武士などの詰所。うちざむらい。⇔外侍(そとさぶらい)
※大斎院前御集(11C前)「うちさぶらひのまへにたたみしきてゐたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐し【内侍】
〘名〙
令制で、内侍司(ないしのつかさ)の女官の総称。古くは、内侍所にも奉仕した。
※万葉(8C後)一九・四二六八・題詞「黄葉沢蘭一株抜取令内侍佐々貴山君
※九暦‐九条殿記・五月節・天慶七年(944)三月二日「内侍二人持侍御剣・契御筥等
斎宮寮(さいぐうりょう)の女官の一つ。
※源氏(1001‐14頃)澪標「女別当・内侍などいふ人々」
※古今著聞集(1254)一「荒祭宮、斎宮の内侍に御詫宣あり」
④ 安芸国(広島県)厳島神社に奉仕した巫女(みこ)
※梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「安芸の厳島へ、建春門院に相具して参る事ありき。〈略〉その国の内侍二人、くろ、釈迦なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内侍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

内侍の関連情報

他サービスで検索

「内侍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.