Rakuten infoseek

辞書

兼業農家【けんぎょうのうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

兼業農家
けんぎょうのうか
世帯員のうち何人かが農業以外の仕事から収入を得ている農家。農業収入が兼業収入より多い農家を第1種兼業農家,逆の場合を第2種兼業農家という。第2次世界大戦後,日本の工業化が進むにつれて兼業農家の数は増加し,次第に基幹労働力を恒常的な賃労働や職員勤務などに出す第2種兼業農家が第1種兼業農家を追越してその差を年々大きくしている。また一方で,農業生産性の低さ,耕地の狭さなどによる季節出稼ぎなどが一般化,長期化して,政治的,社会的問題になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けんぎょう‐のうか〔ケンゲフ‐〕【兼業農家】
世帯員のうち一人以上が農業以外の仕事に従事して収入を得ている農家。農業を主とするものを第一種兼業農家、農業を従とするものを第二種兼業農家という。→専業農家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業関連用語

兼業農家
世帯員のなかに兼業従事者が1人以上いる農家をいう。

出典:農林水産省
※本用語集は、農林水産省ホームページに掲載している農林水産業及び農林水産施策情報等の参考として作成したものです。このため、本用語集中の用語説明は一般的に使われている意味と異なる場合もあります。
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

兼業農家
世帯員が農業以外の仕事もして収入を得ている農家です。兼業している仕事の収入の大小によって、農業を主にする第一種兼業農家と、兼業の仕事を主とする第二種兼業農家に分かれます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんぎょうのうか【兼業農家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんぎょうのうか【兼業農家】
世帯員が自家の農業以外の仕事から収入を得ている農家。農業所得を主とする第一種兼業農家と、農外(兼業)所得を主とする第二種兼業農家に分けられる。 ⇔ 専業農家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

兼業農家
けんぎょうのうか
農業のみを営む専業農家に対して、自営農業以外に世帯員のうちだれかが他の業をあわせ営む農家をいう。わが国では農家の全世帯員を単位として定義されるが、欧米諸国では農業経営主の兼業従事の有無により規定されることが多い。わが国ではさらに、兼業農家をその収入源からみて、農業収入が主である「第1種兼業農家」と兼業収入が主である「第2種兼業農家」とに分類している。1950年(昭和25)には618万農家のうち専業農家は50%、第2種兼業農家は22%であったが、1998年(平成10)の総農家数252万戸に占める割合はそれぞれ17%、68%となった。第二次世界大戦後、とくに高度経済成長期に入って、専業農家が激減するなかで、第2種兼業農家は急速に増加してきたのである。また兼業の職種によって、農業以外の事業を営む自営兼業農家と、恒常的勤務や日雇いなどに従事する雇用兼業農家とに分けられる。高度経済成長の初期までは日雇い労働や出稼ぎなどの臨時的で不安定な職種が多くみられたが、今日では恒常的な職員勤務や賃労働勤務が中心となっている。兼業農家の農業経営の特徴は、稲作、ミカン作、露地野菜作など、労働節約が可能な品目に偏っており、畜産や施設園芸などの比重は小さい。
 兼業農家が戦後急増してきた理由としては、高度経済成長により他産業への就業機会が増加したこと、零細規模の稲作所得では都市勤労者世帯並みの所得が得られなかったこと、稲作の機械化の進展によって農業労働が大幅に省力化されたこと、などがあげられる。
 こうした農家の兼業化傾向は、農村の都市化や工業の地方分散化によって、わが国のみならず欧米諸国を含めて世界的にみられる。しかしわが国の特徴としては、第2種兼業農家の比率が極端に高いこと、稲作を中心として農業部門における兼業農家の占める地位がいまなお高いこと、専業農家と兼業農家との生産性の格差が相対的に小さいこと、などが指摘される。今日の兼業農家は、兼業収入のために高い農家所得を維持し、農村での安定層として滞留している。しかし、わが国の農業政策の観点からは、資源配分(低い土地利用率)や農業構造の面で望ましくない問題を発生させている。兼業農家の農業労働力構成がしだいに女性化、老齢化してきている点を考えれば、わが国農業の自給力の確保や生産性の向上に対して、兼業農家のあり方は大きな鍵(かぎ)を握っているといえよう。[嘉田良平]
『石橋俊治・御園喜博著『兼業農業の構造』(1975・東京大学出版会) ▽OECD編、栗原源太監訳『兼業農家』(1980・中央大学出版部) ▽日本農業経済学会編『農業経済研究第54巻2号 兼業農家問題特集号』(1982・岩波書店) ▽青木紀著『日本経済と兼業農家』(1988・農林統計協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けんぎょう‐のうか ケンゲフ‥【兼業農家】
〘名〙 専業農家に対して、農業のかたわら、農閑期の雇用労働、養蚕など農業以外の副業をして収入を得ている農家。主として、農業収入を主とする第一種と、兼業収入を主とする第二種とに分かれる。
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉一三「近頃の日本国の百姓衆の大部分は兼業農家だづな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼業農家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兼業農家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.