Rakuten infoseek

辞書

【てん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


てん
dian
中国において伝統的に行われてきた不動産質。特定不動産を債権者に引渡し,その使用収益をゆだねるのと引替えに融資を受けるもの。目的物からの収益と,債権の利息とが相殺される。したがって債務者は,将来いつでも債務元本 (典価) を弁済することによって目的物を受け戻す (回贖する) ことができる。多年放置しても決して流質とはならず,回贖権は消滅しないとするのが旧来の慣習であった。台湾の中華民国民法に「典権」という一章があり,慣習を基礎としながら近代法の原理に基づく修正を加えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん【典】
盛大な儀式。式典。「華燭(かしょく)の
守らなければならないきまり。のり。
「諸藩の費用多きが故に今其―を止められたり」〈条野有人・近世紀聞〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん【典】[漢字項目]
[音]テン(呉)(漢) [訓]のり さかん
学習漢字]4年
基本となる書物。「典籍経典(けいてん・きょうてん)原典古典辞典出典聖典仏典文典宝典
いつも変わらぬ基準。手本。「典拠典型典範典例楽典儀典通典法典
手本にのっとって行う儀式。「祭典式典祝典盛典
規則にかなって整っている。「典雅
質に入れる。「典物
役人が職務をあずかる。「典獄典薬
特別の扱い。「栄典恩典特典
(「」の代用字)供え物。「香典(こうでん)
[名のり]おき・すけ・つかさ・つね・ふみ・みち・もり・よし・より
[難読]主典(さかん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てん【典】
儀式。作法。 「華燭の-」
原則。きまり。 「田園を開拓する者は賞与の-あり/日本風景論 重昂
律令制で、国司の主典さかん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん【典】
〘名〙
① 盛大に行なうはれやかな行事。盛典。儀式。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「我日本に於て、此典を挙行せられしことは」
② 守らなければならないきまり。のり。おきて。規則。法則。
※淡窓詩話(19C中)下「清詩は典を用ふるに巧に、対を取るに巧みに、議論に巧みなり」 〔礼記‐月令〕
③ 真理などが書かれた書物。守るべき事柄が記されている本。典籍。書籍。〔書経‐五子之歌〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てん‐・ず【典】
〘他サ変〙 (「てんす」とも) 質に入れる。質に置く。抵当に入れる。
※蔭凉軒日録‐長享二年(1488)四月二六日「命昌子溌衣呵々」
※報徳記(1856)四「妻子の衣類を典(テン)じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

典の関連情報

他サービスで検索

「典」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.