Rakuten infoseek

辞書

具平親王【ともひらしんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

具平親王
ともひらしんのう
[生]康保1(964).6.19. 京都
[没]寛弘6(1009).7.28. 京都
村上天皇の第7皇子。六条宮,千種殿,のち中書王ともいう。母は代明親王の娘,女御荘子女王。康保2 (965) 年親王宣下,のち中務卿に任じられた。文才が豊かで和歌漢詩文に優れ,また書をよくし,音律陰陽医術,諸技芸などにも通じ一代の文宗であった。出家があったが果たさなかった。和歌は『拾遺和歌集』以下の勅撰集に数多く収められ,詩文は『本朝麗藻』『本朝文粋』などに伝えられている。主著『六帖』『真字伊勢物語』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ともひら‐しんのう〔‐シンワウ〕【具平親王】
[964~1009]平安中期の文人歌人村上天皇の第7皇子。中務(なかつかさ)。六条宮・千種(ちぐさ)殿・後(のちの)中書王とよばれる。文才豊かで、和歌・漢詩文に長じ、音楽・陰陽(おんよう)・医術などにも通じた。著「弘決外典抄(ぐけつげてんしょう)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

具平親王 ともひらしんのう
964-1009 平安時代中期の漢詩人,歌人。
応和4年6月19日生まれ。村上天皇の第7皇子。母は荘子女王。永延(えいえん)元年中務(なかつかさ)卿となり後中書(のちのちゅうしょ)王とよばれる。慶滋保胤(よししげの-やすたね)にまなび,一条天皇朝の文壇の中心的存在で,書家としても著名寛弘(かんこう)6年7月28日死去。46歳。著作に「弘決外典抄(ぐけつげてんしょう)」「後中書王集」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ともひらしんのう【具平親王】
964‐1009(康保1‐寛弘6)
平安時代の漢詩人,歌人。村上天皇の第7皇子で六条宮,前中書王(兼明親王)に対して後中書王(ごちゆうしよおう)と称される。幼少より慶滋保胤(よししげのやすたね)に師事して学問詩文を学び,その思想的影響を受け,991年(正暦2)には天台宗の重要典籍である湛然の《止観輔行伝弘決(しかんぶぎようでんぐけつ)》に引用された漢籍出典を明らかにし,これに注解を付けた《弘決外典鈔(ぐけつげてんしよう)》を選述した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ともひらしんのう【具平親王】
964~1009 平安中期の漢学者・歌人。村上天皇の皇子。六条宮・千種殿・後中書王と呼ばれ、前中書王兼明親王と並称される。諸芸に秀ひいで、詩文・書に長ずる。和歌は「拾遺集」などに、詩文は「本朝文粋」に載る。仏教にも関心を示し、天台宗の重要典籍を注解して、「弘決外典抄ぐけつげてんしよう」を著した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

具平親王
ともひらしんのう
(964―1009)
平安時代の漢詩人、歌人。また管絃(かんげん)、書道、陰陽道(おんみょうどう)、医術に通じた幅広い趣味教養で知られる。村上(むらかみ)天皇第七皇子で、二品(にほん)中務卿(なかつかさきょう)に進み、六条宮、後中書王(のちのちゅうしょおう)とよばれ、子孫は村上源氏として栄えた。慶滋保胤(よししげのやすたね)に学び、『本朝麗藻(ほんちょうれいそう)』を代表する作者であり、しばしば詩会を催す文人たちの庇護(ひご)者であった。歌は勅撰(ちょくせん)集に約40首入る。藤原公任(きんとう)は、貫之(つらゆき)より人麻呂(ひとまろ)を上とする親王との論争を機縁に『三十六人撰』を選んだという。なお、仏教にも関心が深く『弘決外典鈔(ぐけつげてんしょう)』を撰述している。[柳井 滋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

具平親王 (ともひらしんのう)
生年月日:964年6月19日
平安時代中期の文人
1009年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ともひら‐しんのう ‥シンワウ【具平親王】
平安中期の文人、歌人。村上天皇の第七皇子。母は代明親王王女、女御荘子。六条宮・千種殿・後中書王という。二品中務卿に至った。才芸にひいで、前中書王兼明親王と並称された。和歌は「拾遺集」以下の勅撰集に収められ、家集の断簡も伝わる。詩文は「本朝文粋」などに見える。「弘決外典鈔」などの著がある。応和四~寛弘六年(九六四‐一〇〇九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

具平親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

具平親王の関連情報

関連キーワード

康保ヨハネス12世レオ8世浄蔵藤原安子藤原安子慶滋保胤ヨハネス[12世]ベネディクツス5世ヨハネス(12世)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.