Rakuten infoseek

辞書

其式【それしき】

精選版 日本国語大辞典

それ‐しき【其式】
〘名〙
① (「しき」はやり方、方法の意) そのやり方。その方法。その様式。
※御伽草子・物くさ太郎(室町末)「さいじょからたちばな、紫の門とこそ仰せられしが、それしきの門は、いづくに候らん」
② (「しき」は接尾語) 事柄の性質、内容、程度が問題とするに足りないほどであること。その程度。それぐらい。たかがそれほど。それしこ。それてい。
※咄本・福来すずめ(1789)息子「それしきな事に死ぬ事があるものか」
[補注]②の類義語に「それてい」があるが、時代的には「それしき」がやや遅れて見られる。なお、近世には、連体修飾をする際、「それしきの」のほかに「それしきな」の形も一般に用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

其式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

其式の関連情報

他サービスで検索

「其式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.