Rakuten infoseek

辞書

其処【ソコ】

デジタル大辞泉

そ‐こ【×処/×所】
[代]
中称の指示代名詞。聞き手に近い場所、また、聞き手と話し手の双方が承知している場所・事柄をさす。
㋐その場所。「―にある袋」
㋑その点。その事。「―がむずかしいところだ」
㋒その局面。「―でベルが鳴った」
㋓その程度。それほど。「―まで言うなら仕方がない」
㋔あなたのところ。
「―にこそ多くつどへ給ふらめ」〈・帚木〉
二人称の人代名詞。おまえ。そなた。
「―は今年何歳になりおる」〈魯庵社会百面相
不定称の指示代名詞。漠然とある場所をさす語。どこ。どこそこ。
「思ふどち春の山辺にうちむれて―ともいはぬ旅寝してしか」〈古今・春下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

それ‐どころ【其処】
〘名〙 (下に否定の語を伴うか、「それどころか」の形で) とてもその程度ではないの意を表わす。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「『さう。なぜ食べて来なかったの』『今日はそれ所(ドコロ)ぢゃなかったよ。ああお腹が空いた』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

其処」の用語解説はコトバンクが提供しています。

其処の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.