Rakuten infoseek

辞書

兵部省【ひょうぶしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

兵部省
ひょうぶしょう
(1) 律令時代の中央官庁八省の一つ。「つわもののつかさ」とも読む。武官の人事ならびに軍事に関する諸事を司った。長官は兵部卿で,輔,丞,録の四等官以下史生,書生などの職員がおかれた。直属の官庁として,兵馬司造兵司鼓吹 (くすい) 司,主船司主鷹司の5司があった。

(2) 明治の太政官制における軍官制の一つ。維新政府に最初に設けられた軍事官制は慶応4 (1868) 年1月 17日,「三職の制」を「三職七科の制」に改めた際の海陸軍科である。海陸軍科は同年2月3日「三職八局の制」への改制により軍防事務局となり,さらに同年閏4月 21日の「七官両局の制」による軍務官を経て,翌明治2 (69) 年7月8日「二官六省の制」の採用により兵部省となった。陸海両軍にわたり軍令軍政を司るものとされた中央官制であった。長官は兵部卿といい,初代卿には小松宮嘉彰 (彰仁) 親王,次官の兵部大輔には大村永敏 (益次郎) がついた。旧帝国陸海軍の曙期をになったが,同5年2月 27日陸軍省海軍省を設置するために廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つわもの‐の‐つかさ〔つはもの‐〕【兵省/司】
ひょうぶしょう(兵部省)1
(兵司)後宮十二司の一。兵器のことをつかさどった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょうぶ‐しょう〔ヒヤウブシヤウ〕【兵部省】
律令制で、太政官(だいじょうかん)八省の一。諸国兵士軍旅兵馬・城・兵器などに関することをつかさどった。つわもののつかさ。
明治2年(1869)に置かれた六省の一。同5年に陸軍省海軍省となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうぶしょう【兵部省】
(1)令制の八省の一つ。和訓は〈つわもののつかさ〉という。内外武官の名帳,考課,選叙など人事,および兵士の差発,兵器,儀仗,城隍,烽火軍政一般を管掌し,兵馬司,造兵司鼓吹司主船司,主鷹司を管轄した。構成は,卿,大輔少輔,大丞各1人,少丞2人,大録1人,少録3人,史生10人,省掌2人,使部60人,直丁4人。成立は大宝令期と考えられるが,それ以前については詳細は不明。《日本書紀》天武4年(675)にみえる兵政官長,大輔をその前身とみる考えがあるが,不詳。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

つわものつかさ【兵部省】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうぶしょう【兵部省】
律令制で、太政官八省の一。軍政一般、特に武官人事を担当。つわもののつかさ。
明治初期の軍令・軍政機関。1869年(明治2)に六省の一つとして設置され陸海軍・軍備などを管掌。72年陸・海軍両省の創設に伴い廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

兵部省
ひょうぶしょう
奈良時代の軍事官衙(かんが)。八省の一つ。和名「つわもののつかさ」。構成は卿(かみ)1、大輔(だいすけ)1、少輔1、大丞(だいじょう)1、少丞2、大録(だいさかん)1、少録3、史生(ししょう)10、省掌(しょうしょう)2、使部(しぶ)60、直丁(じきてい)4。任務は、内外武官の人事、兵士の差発、兵器、儀仗(ぎじょう)、城隍(じょうこう)、烽火(ほうか)の管理など。律令(りつりょう)以前の675年(天武天皇4)に兵政官長、大輔が任命されているが、これを兵部省官人の前身と考え、このころ成立したと考えられている。しかし、唐(とう)の兵部尚書、天武(てんむ)時代の兵政官長、飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)、大宝(たいほう)令、養老(ようろう)令、それぞれの兵部卿がどのように関連しているかは今後の検討が必要。なお近代、1869年(明治2)7月の官制改革で設置された兵部省の構成はほぼ古代官制を継承し、また海陸軍、郷兵、召幕、守衛、軍備、兵学校を管掌したが、72年に廃止され、新たに陸軍省、海軍省が設置された。[野田嶺志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうぶ‐しょう ヒャウブシャウ【兵部省】
〘名〙
① 令制で太政官八省の一つ。諸国の兵士・軍事に関する一切のことをつかさどり、また隼人司を管轄する。他に兵馬(ひょうま)・造兵・鼓吹(くすい)・主船・主鷹司の五司も被管であったが、他の官司に併合されたり、廃絶したりした。正四位下相当の卿以下、大輔・少輔、大丞・少丞、大録・少録などの職員を置く。つわもののつかさ。〔令義解(718)〕
② 明治二年(一八六九)に置かれた六省の一つ。同元年一月に太政官中に置かれた海陸軍科が二月に軍防局と改称、四月に軍務官となったものの後身。同五年二月に陸軍省、海軍省が置かれるまで存続した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵部省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兵部省の関連情報

他サービスで検索

「兵部省」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.