Rakuten infoseek

辞書

兵庫【ツワモノグラ】

デジタル大辞泉

つわもの‐ぐら〔つはもの‐〕【庫】
武器を納めておくくら。兵器庫。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょう‐ご〔ヒヤウ‐〕【兵庫】
兵器を納めておく倉。兵器庫。へいこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょうご【兵庫】[地名]

近畿地方西部の県。かつての但馬(たじま)播磨(はりま)淡路の3国および摂津丹波2国の一部にあたる。県庁所在地神戸市。人口558.9万(2010)。
兵庫県神戸市中部の区名。工業地。また、その港湾地区。天然の良港で、古代は大輪田泊(おおわだのとまり)として知られ、中世には兵庫津とよばれて繁栄。現在は兵庫港があり、神戸港の一部をなす。
兵庫髷(ひょうごわげ)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐こ【兵庫】
武器をおさめておく倉。兵器庫。武庫。ひょうご。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうご【兵庫】
神戸市兵庫区の兵庫港を中心とする地域の呼称。中世には兵庫三箇荘があって,港には兵庫南北両関が置かれた。兵庫の名は古代には見えないが,《平家物語》巻九〈樋口被討罰〉に,四国の屋島から攻め上った平家の軍勢が,福原旧都に居住し西は一ノ谷に城郭を構え,東は生田の森を大手の木戸口とし,その間の〈福原,兵庫,板宿(いたやど),須磨〉に10万余騎でこもったとある。南北朝期の《太平記》や《梅松論》では〈兵庫〉〈兵庫島〉の名は要港としても戦場としてもしばしば登場し,楠木正成が戦死した湊川の戦の主戦場も兵庫・湊川一帯であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つわものぐら【兵庫】
武器を保管しておく倉。 「 -を起て箭を儲む/日本書紀 皇極訓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょうご【兵庫】
兵器を収納するくら。武器庫。へいこ。
律令制で、儀仗用・実戦用の武器を保管する蔵。また、それを管理する官司。左右兵庫・内兵庫があったが、内兵庫は左右兵庫に併合、さらに左右兵庫も兵庫寮に統合された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょうご【兵庫】
◇ 近畿地方北西部の県。かつての播磨・但馬・淡路の三国および摂津と丹波の両国の一部を占める。北は日本海に面し、中央部は中国山地が占め、南部の瀬戸内海岸には播磨平野がある。淡路島は播磨灘と大阪湾を分ける。県庁所在地、神戸市。
◇ 現在の兵庫県神戸市の西部にあたる地名。もと大輪田泊おおわだのとまりといい、古代・中世には瀬戸内海航路の要港として栄えた。
「兵庫髷わげ」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へいこ【兵庫】
兵器を入れておく庫くら。兵器庫。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔愛知県〕兵庫(ひょうご)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

兵庫
ひょうご
兵庫県神戸市のほぼ中央にある兵庫区の港湾部。和田岬に抱かれた古くからの天然の良港で、奈良、平安時代は摂播五泊の一つ大輪田泊(おおわだのとまり)として知られた。港の北方、会下山麓(えげさんろく)一帯は平氏の福原荘(ふくはらのしょう)で、この地に別業をもつ平清盛(きよもり)は港を重視し、経ヶ島を築造するなどして宋船(そうせん)も出入りできる要港にした。一時福原に都が置かれたのも、清盛が港に着目したためである。室町初期に八部(やたべ)郡の郡家周辺の集落が南に延び、港と結ばれて兵庫の町が形成された。中世には兵庫津とよばれ畿内(きない)の重要港であった。浜本陣が置かれ西国街道も迂回(うかい)してここを通過した。江戸時代は大坂の外港として西廻(にしまわり)海運の中心であり、人口約2万人の町が形成された。1858年(安政5)兵庫港の開港が決まったが、生田(いくた)川尻(じり)の神戸浦に新港が設置(1867年開港)され、以来、繁栄を奪われ、内国貿易中心の港となった。一方、港湾背後の沖積地には、明治以降、鐘紡(かねぼう)(のちカネボウ)、三菱(みつびし)造船(現、三菱重工業)、川崎車輛(しゃりょう)(現、川崎重工業)、三菱電機、川崎造船(現、川崎重工業)などの大工場が進出した。現在、神戸市の工業の中心地となっている。JR山陽本線が通じ、兵庫駅から和田岬線を分岐する。そのほか、市営地下鉄海岸線、国道2号などが通じている。[藤岡ひろ子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つわもの‐ぐら つはもの‥【兵庫】
〘名〙 武器類を納めておく倉庫。武器庫。やぐら。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょう‐ご ヒャウ‥【兵庫】
[1] 〘名〙
① 兵器を納めておくくら。武器庫(ぶきぐら)。兵器庫。へいこ。
※続日本紀‐和銅四年(711)九月丙子「冝権立軍営守兵庫
② 「ひょうごりょう(兵庫寮)」の略。〔運歩色葉(1548)〕
咄本・私可多咄(1671)四「女のかみのゆひやうは、みな名所の名におふといふ。まづ兵庫又は島田など、いづれも所の名じゃといふ」
[2]
[一] 兵庫県神戸市兵庫区地名奈良時代は大輪田泊(おおわだのとまり)、中世以降には兵庫津(ひょうごのつ)と呼ばれた。現在は神戸港の一部となり、重工業が発達している。古名、務古水門(むこのみなと)。輪田泊。武庫。
[二] 神戸市の行政区の一つ。兵庫港付近の臨海地区は重工業地帯、北部は住宅地で、北西部に鵯越(ひよどりごえ)の地名がある。昭和八年(一九三三)成立。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい‐こ【兵庫】
〘名〙 武器を納めておくためのくら。武庫。ひょうご。
※公議所日誌‐一七・明治二年(1869)五月「兵仗を兵庫に蔵め」 〔呉越春秋‐闔閭内伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兵庫の関連情報

他サービスで検索

「兵庫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.