Rakuten infoseek

辞書

兵庫県南部地震【ひょうごけんなんぶじしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

兵庫県南部地震
ひょうごけんなんぶじしん
1995年1月17日午前5時46分頃,兵庫県南部で発生したマグニチュードM)7.3(気象庁)の地震。気象庁による正式名称は「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」。震源は北緯 34°35.7′,東経 135°02.2′。震源の深さは約 16km。六甲・淡路島断層帯の一部が淡路島北部から阪神地区にかけて活動したために発生した内陸地震。震源は明石海峡付近にあり,地震波から推定された断層震源から北西―南東方向に延びた長さ 40~50kmの横ずれ断層で,その平均的なすべり量は 2mである。淡路島北部の野島断層では地表に地震断層が現れた。東北地方南部から九州地方までの広い範囲で有感となった。最大震度は気象庁の現地調査により断層に沿う神戸市,芦屋市,西宮市,宝塚市,北淡町で震度 7に達していたことがわかった。この地域では 1596年に M7規模の慶長伏見地震が発生している。また余震は断層に沿って長さ約 60kmにわたって分布し,本震の約 3時間後に最大余震(M5.4)が発生した。
人的被害は死者 6434人,行方不明者 3人,負傷者 4万3792人(総務省消防庁)。建物の被害も大きく,全壊 10万棟あまりを含む半壊および一部損壊を合わせた被災家屋数は約 64万棟。269件の建物火災が発生し,全焼家屋数は約 7000棟に上った。鉄道や道路の橋梁および高架橋などの落下,港湾地区での広範囲にわたる液状化の発生,また断水,停電,ガス供給停止など都市基盤の被害も甚大であった。東海道山陽新幹線の新大阪―姫路間は 1995年4月20日までの約 3ヵ月間不通となった。政府はこの地震災害を「阪神・淡路大震災」と命名した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

兵庫県南部地震
淡路島北端付近の深さ14kmを震源として、1995年1月17日午前5時46分に発生したM7.3の大地震。神戸市や淡路島などの一部に震度7が初めて適用された。近代都市の直下、しかも浅い場所で起きたために、阪神・淡路大震災を引き起こした。死者・行方不明者は6436人に及んだ。この地震は六甲断層系の活断層(野島断層)による内陸地震で、地下の震源断層はほぼ垂直で横ずれの運動を起こした。断層面の長さは約40km、幅は約15km、平均のすべり量は約1.5mと推定されている。淡路島の北部では長さ約10kmにわたって地震断層が出現した。
(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ひょうごけんなんぶ‐じしん〔ヒヤウゴケンナンブヂシン〕【兵庫県南部地震】
平成7年(1995)1月17日午前5時46分ころに発生した直下型地震震源地淡路島北部。マグニチュード7.3、最大震度7。家屋や鉄道線路・高速道路の倒壊、火災による大きな被害が出た。→阪神・淡路大震災

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうごけんなんぶじしん【兵庫県南部地震】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうごけんなんぶじしん【兵庫県南部地震】
1995年(平成7)1月17日早朝、淡路島北東方を震源として起こった大地震。マグニチュード7.3。 → 阪神大震災

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

兵庫県南部地震
ひょうごけんなんぶじしん
1995年(平成7)1月17日5時46分ころ、兵庫県南部で発生した気象庁マグニチュード(MJ)7.3、モーメントマグニチュード(MW)6.9の地震。気象庁が命名した本地震の正式名称は「平成7年兵庫県南部地震」。死者・行方不明者は約6400人。多くの建物のほかに高速道路なども倒壊した。災害名については、阪神・淡路大震災とよばれる。神戸市、芦屋(あしや)市、西宮市、宝塚市、北淡(ほくだん)町(現、淡路市)、一宮(いちのみや)町(現、淡路市)、津名(つな)町(現、淡路市)で震度7が観測された。断層のずれは、明石(あかし)海峡直下(深さ約16キロメートル、北緯34度36分、東経135度02分)で開始した。その後、主として右横ずれという形で破壊は北東および南西方向に広がっていき、本州側では六甲(ろっこう)断層系(諏訪(すわ)山断層、須磨(すま)断層など)、淡路島側では野島断層のずれを引き起こした。これらの断層は活断層として以前から知られていた。地震波データの解析からは、平均的なずれは約2メートルと考えられている。なお、本州側では、地表地震断層は確認されていないが、淡路島側の野島断層では約10キロメートルにわたって地表のずれが確認された。地震の後で開設された北淡震災記念公園(淡路市)には、「野島断層保存館」が設置され、断層の一部が保存されている。
 上に述べたとおり、本州側では、地表地震断層は確認されていないが、神戸市須磨区から西宮市にかけての幅1~2キロメートル、長さ20キロメートル以上の狭い帯状の範囲に被害が集中した。このように、周辺より大きな地震の被害が出た帯状の場所を「震災の帯」とよぶこともある。震災の帯は、兵庫県南部地震に関していえば、厚く堆積(たいせき)した柔らかな堆積層の真下から伝わってきて、その中で増幅した地震波と、六甲山地を通過してきた地震波が、ある特定の場所で強く重なり合うことにより生じたと考えられている。
 この地震をきっかけとして、地震予知研究のあり方について大きな見直しが行われ、前兆把握に重点を置いた研究から、地震発生機構の解明を基礎とした研究へと転換していった。さらに、行政施策に直結すべき地震調査研究の責任体制を明らかにし、これを政府として一元的に推進するため、地震防災対策特別措置法に基づき、政府の機関として地震調査研究推進本部が設置された。これにより、従来各研究機関で別々に行われていた各種観測が、国の施策として積極的に進められ、日本全国を対象とする均質な高感度地震観測網、広帯域地震観測網やGPS(全地球測位システム)観測網などの基盤的調査観測網が整備された。
 以前は、震度は体感や周囲の状況から推定していたが、震度7の確認が遅れた兵庫県南部地震の経験をもとに、1996年に震度計により機械計測される計測震度が導入された。[山下輝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうごけんなんぶ‐じしん ヒャウゴヂシン【兵庫県南部地震】
平成七年(一九九五)に阪神淡路大震災を起こした地震の称。マグニチュード七・二。震源地は淡路島北部。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県南部地震」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兵庫県南部地震の関連情報

関連キーワード

黒人問題モスクワ高松伸ニコラス ケイジエマ トンプソンサンクト・ペテルブルグ平山郁夫坂茂[各個指定]工芸技術部門五木寛之

他サービスで検索

「兵庫県南部地震」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.