Rakuten infoseek

辞書

兵児帯【へこおび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

兵児帯
へこおび
男子,子供用の一種並幅に2,3重に回し,うしろで結ぶ。材質は一般に縮緬 (ちりめん) ,モスリンなどの絞染,または無地物。兵児帯の名は薩摩児 (15~25歳までの男子) が用いたことに由来し,しごき帯ともいう。また,鯨尺で3尺 (約 114cm) ぐらいあった職人用の帯に発したことから三尺ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へこおび【兵児帯】
帯の一種。幅50~74cm,長さ3.5~4mでしごいて二巻きし,後ろで結び垂らす。錦紗きんしや)ちりめんの総絞りから,モスリンの部分絞りまで種類は多い。男性,男児用は黒,ねずみ,茶など,女児用は色物を用いる。かつては着流しに用いられていたが,現在の男帯角帯主流となっている。兵児とは,鹿児島地方で青年男子を味する。幕末から明治にかけて,薩摩藩士が筒袖股引の軍装の上に,白木綿のしごき帯を締め帯刀したところから,この名称が起こった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へこおび【兵児帯】
兵児の締めた帯の意
男性・子供の締めるしごき帯。 浴衣に-をしめる 鼠色によごれた-をこま結びにむすんだ左右がだらりと足の裏へ垂れかゝつて居る/吾輩は猫である 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

兵児帯
へこおび
和服用帯の一種。並幅または広幅の布をしごいて胴を二回りし、後ろで両輪奈(わな)に結んで締める簡単な帯。現在、男性と男女児の普段着に用いられている。帯地は男性のものは錦紗(きんしゃ)、紬(つむぎ)、縮緬(ちりめん)などの広幅物、男女児は薄手羽二重(はぶたえ)の並幅に絞り染め、ぼかし染めをしたもの、または無地のモスリンなどが用いられる。色は、男性、男児のものは黒、ねずみ、茶、藍(あい)など、女児用には赤、桃色、黄色など華やかな色物が用いられる。古くはしごき帯といい、明治維新のころ薩摩(さつま)藩士の間で筒袖(つつそで)、股引(ももひき)の上に白木綿のしごきを締め、これに刀をさすことが行われた。薩摩ではこのしごき帯を兵児帯とよび、これが着物の上に締められるようになって、一般に兵児帯の名でよばれた。上等なものには広幅の白縮緬が用いられた。東京で角(かく)帯が兵児帯にかわって用いられるようになったのは1882年(明治15)ごろ以降で、このころから一般化した。[藤本やす]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へこ‐おび【兵児帯】
〘名〙 (もと薩摩の兵児が用いたところからいう) 男子や子どものしごき帯。また、それを締めた人。へこ。
※怪化百物語(1875)〈高畠藍泉〉下「白もめんのへこ帯へ〈略〉手ぬぐひをはさみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へこ‐おび【児帯】
兵児が用いたところから》男子または子供用のしごき帯。へこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵児帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兵児帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.