Rakuten infoseek

辞書

共役塩基【きょうえきえんき】

世界大百科事典 第2版

きょうえきえんき【共役塩基】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

共役塩基
きょうやくえんき
conjugate base
デンマークのブレンステッド塩基理論によってヒドロン(陽子プロトン1H+と重陽子ジュウテロン2H+2D+を含むすべての水素イオン)H+を受け取る側となる物質。ヒドロンを与える側はその塩基の共役酸となる。ブレンステッドの酸塩基理論では、酸とはH+を相手に与えるような分子あるいはイオン、塩基とは相手からH+を受け取るような分子あるいはイオンと定義され、酸と塩基は互いにH+を間にして共役する関係にある。この定義に従うと、酸HAが塩基として作用する水H2Oに溶けると、H+は2対の共役酸塩基の間を移動する。

この解離平衡式で右から左への反応に注目すれば、H3O+がA-にH+を与えている。ここで、A-はHAの共役塩基、HAはA-の共役酸であり、H3O+はH2Oの共役酸、H2OはH3O+の共役塩基である。の第一と第二の例では、水が相手しだいによって酸にも塩基にもなりうることがわかる。第四の例は水の自己酸塩基解離である。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

共役塩基
キョウヤクエンキ
conjugate base

ブレンステッドの酸塩基の理論(ブレンステッド酸・塩基)において,酸がプロトンを失ったものを,その酸の共役塩基という.たとえば,酸HAの水溶液での解離

HA + H2O H3O + A

において,A は酸HAの共役塩基であり,また溶媒であるH2Oは酸H3Oの共役塩基である.[別用語参照]共役酸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共役塩基
きょうやくえんき
共役酸塩基対」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共役塩基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共役塩基の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.