Rakuten infoseek

辞書

共同社会【きょうどうしゃかい】

世界大百科事典 第2版

きょうどうしゃかい【共同社会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうどうしゃかい【共同社会】
ドイツの社会学者テニエスが唱えた社会類型の一。血縁に基づく家族、地縁に基づく村落、友情に基づく都市などのように、人間に本来備わる本質意思によって結合した有機的統一体としての社会。ゲマインシャフト。共同体。協同体。 ⇔ 利益社会

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

共同社会
きょうどうしゃかい
一般に、ドイツの社会学者テンニエスがつくった社会の類型概念の一つであるゲマインシャフトGemeinschaftの訳語として用いる。本来的な自然な状態としての人間の意志、つまり本質意志Wesenwilleによって結合された社会である。実在的で有機的な生命体と考えられる。対概念であるゲゼルシャフトGesellschaft(利益社会)が、諸個人が互いに自己の目的を達成するために選択意志Krwilleによって結合した、観念的で機械的な形成物と考えられる社会であるのと対している。[二宮哲雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうどう‐しゃかい ‥シャクヮイ【共同社会】
〘名〙 家族・村落などの有機体的な本質意志によって結びついた自然的、閉鎖的社会。基礎社会。共同体。
※権力の外にある世界(1924)〈長谷川如是閑〉二「指導者と協同者とは、全く渾然たる一体をなして〈略〉そこに一個の共同社会を作り出してゐるのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうどう‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【共同社会】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共同社会
きょうどうしゃかい

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同社会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共同社会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.