Rakuten infoseek

辞書

共同不法行為【きょうどうふほうこうい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

共同不法行為
きょうどうふほうこうい
複数の者が共同で不法行為を行うことをいう。共同とは,各自の行為の間に意思の共同がなくても客観的な連関があればよいとされている。また,教唆者,幇助者は共同不法行為者とみなされる (民法 719条2項) 。共同不法行為者は連帯して損害を賠償しなければならない (719条1項) 。しかし,その連帯というのは,通常の連帯債務のように共同の目的をもって発生したものではないから,債務者の間に負担部分はないものとされている (不真正連帯債務) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょうどう‐ふほうこうい〔‐フハフカウヰ〕【共同不法行為】
複数の行為者が共同で他人に損害を加えること。共同行為者が連帯して賠償責任を負う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集

共同不法行為
複数の者の加害行為により他人に損害を与えることをいいます。加害者側は被害者に対し連帯して責任を負います。

出典:自動車保険・医療保険のソニー損保

世界大百科事典 第2版

きょうどうふほうこうい【共同不法行為】
数人が共同して一つの不法行為を行うこと。例えば数人が共謀して他人を襲い,その人の物をこわし,また負傷させた場合には,この襲撃に参加した数人の行為が一つの不法行為として把握され,共同不法行為と呼ばれる。これは講学上狭義の共同不法行為といわれるもので,民法719条1項前段所定の,数人が各自連帯して負う損害賠償義務を発生させる事実(法律要件)である。これに対して広義の共同不法行為は,民法719条が定める数人の行為者の連帯損害賠償義務を発生させる,すべての場合を含んだものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうどうふほうこうい【共同不法行為】
二人以上の人が共同して行う不法行為。生じた損害については連帯して賠償責任を負う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

共同不法行為
きょうどうふほうこうい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同不法行為」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共同不法行為の関連情報

関連キーワード

大祚栄共同不法行為大祚栄金槐和歌集大祚栄ヒルペリヒ2世不法行為渤海(国)雇用問題粟田真人

他サービスで検索

「共同不法行為」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.