Rakuten infoseek

辞書

共助【キョウジョ】

デジタル大辞泉

きょう‐じょ【共助】
[名](スル)
互いに助け合うこと。互助。
裁判所間および行政機関の間で、その職務の遂行に必要な協力補助をすること。「国際司法共助

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

共助
災害時対応には、自らを守る「自助」、近隣で互いに助け合う「共助」、国や自治体が手を貸す「公助」の3種類がある。この「三助」の考え方は江戸時代の米沢藩主・上杉鷹山が提唱したとされる。企業単独BCPが自助、地域連携BCPは共助といえる。
(2012-03-15 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

大辞林 第三版

きょうじょ【共助】
スル
互いに力を合わせて助け合うこと。互助。
裁判所間および行政機関の間において、職務遂行について協力・補助すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐じょ【共助】
〘名〙
① 互いに助け合うこと。互助
※大阪朝日新聞‐明治三六年(1903)三月一三日「元来欧洲諸国の如き其間に共助の条約ありて」
② 裁判事務について、司法機関が互いに必要な補助をすること。司法共助
③ 行政機関の間で行なわれる協力・援助の関係。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

共助の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.