Rakuten infoseek

辞書

六経【りくけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六経
りくけい
Liu-jing
儒教の基本的な6つの経典。『易』『書』『』『』『春秋』『楽』の6つの経書先秦儒家的知識人が必須の教養としていた詩,書,礼,楽 (文学,政治学,文化的素養修身を兼ねそなえる4つの学問分野) は,戦国時代から漢代にかけて儒教の正統的文献として次第に経典化されていくが,その過程で儒家はさらに春秋 (歴史学,政治学) ,易 (哲学,政治学,修身) の2教科をつけ加え,この六経を彼らの基本的経典として尊んだ。武帝の経学博士設置のときには楽を除いた五経 (『易』『書』『詩』『礼』『春秋』) がその対象となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっ‐けい〔リク‐〕【六経】
儒教で貴ぶ六種の経典。すなわち「易経(えききょう)」「書経(しょきょう)」「詩経(しきょう)」「春秋」「礼記(らいき)」「楽経(がくけい)」。のち「楽経」が亡んだので、かわりに「周礼(しゅらい)」を加えて六経という。六籍(りくせき)。六芸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく‐けい【六経】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろっ‐けい〔ロク‐〕【六経】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りくけい【六経 Liù jīng】
中国人が民族の古典と考える6種の書物。ふつう《易》《書》《詩》《礼》《楽》《春秋》をいい,古く滅びた楽経を除いて五経ともいう。〈経〉は字源的には〈織物のたて糸〉の形象にもとづき,転じて,〈すじみち〉〈つねなるもの〉を意味する。人間の理想態たる聖人・先王が作ったと確信されるがゆえに,人間生活の規範のすべてがそこに求められると考えて,経(経書)という。六芸,六学,六籍ともいわれる。【安本 博】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りくけい【六経】
六つの経書。易経・詩経・書経・春秋・礼記・楽記(または周礼)の総称。六芸りくげい。六籍。 → 五経

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りっけい【六経】
りくけい六経

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろっけい【六経】
りくけい六経

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっ‐けい リク‥【六経】
[1] 人体をめぐる経脈。転じて、医学の基礎知識を備えること。
※読本・春雨物語(1808)天津処女「経典は、たとへば医士の素難の旨を学び、運気、六経をさとりたるに同じ」
[2] 儒学の根幹となる六種の経書。すなわち、詩、書、易、春秋、礼、楽。また、経書全体をいう。この中、楽経は秦の焚書に滅びたとされ、残る五種を「五経」と総称する。六籍(りくせき)。六芸(りくげい)。ろっけい。
※百丈清規抄(1462)四「不遇時ほどに、千年万年後まで六経なんどがのこったぞ」 〔荘子‐天運〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りく‐けい【六経】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろっ‐けい ロク‥【六経】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

六経
りくけい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.