Rakuten infoseek

辞書

六百番歌合【ろっぴゃくばんうたあわせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六百番歌合
ろっぴゃくばんうたあわせ
鎌倉時代前期の歌合。『左大将家百首歌合』ともいう。建久4 (1193) 年左近衛大将であった藤原良経 (九条良経 ) の家で,12人の作者があらかじめ詠んでおいた 100題の歌各人 100首,計 1200首を 600番の歌合とし,披講したもの。判者は藤原俊成。作者には主催者良経をはじめ,藤原定家藤原家隆寂蓮慈円など新風歌人のほか,顕昭,経家ら六条家の旧派も加わっていた。そのため,おそらく 10回程度に及んだであろう披講の席での新旧両派の議論はきわめて活発に行われた。その議論の概要は難陳として,俊成判詞に先立って記されており,新風和歌に対して概して好意的な判詞とともに,当時の歌風の争点を探るうえに貴重である。余情や (えん) を重視し,『源氏物語』の文芸性を称揚した俊成の判詞は,文学評論としてもすぐれている。多くの秀歌を『新古今和歌集』以下の撰集に提供した歌合として歌合史上重要。顕昭はこの歌合における俊成の判に不服で,『六百番陳状』または『顕昭陳状』と呼ばれる陳状 (弁明書) を発表した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろっぴゃくばんうたあわせ〔ロクピヤクバンうたあはせ〕【六百番歌合】
鎌倉初期の歌合わせ。建久4年(1193)藤原良経邸で催された。判者は藤原俊成。作者は藤原定家顕昭(けんしょう)慈円寂蓮ら12人。各人100題100首で、計1200首600番。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろっぴゃくばんうたあわせ【六百番歌合】
1193年(建久4)秋より左大将藤原良経邸で披講された歌合で,完成は翌年か。《後京極殿百首歌合》《左大将家百首歌合》ともいう。作者は左が,藤原良経・同季経・同兼守・同有家・同定家・顕昭,右が,藤原家房・同経家・同隆信・同家隆・慈円・寂蓮の計12人,判者は藤原俊成。各人が春15首・夏10首・秋15首・冬10首・恋50首の百題百首を詠進し,それを600番に結番した百首歌形式の歌合。本歌合から《新古今集》に34首入集し,本歌合の作者がその主要歌人,撰者となっていること,当代歌壇の二大門閥,御子左家(みこひだりけ)と六条家の歌の理念をめぐる激しい対立など,新古今前史としての意義は大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろっぴゃくばんうたあわせ【六百番歌合】
歌合。1193年藤原良経の主催。判者は藤原俊成。詠者は藤原定家・藤原家隆ら一二人。各一〇〇首計一二〇〇首を左右に番つがえたもの。円熟期の俊成の歌論と当時の歌壇の状況を知る上で重要。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

六百番歌合
ろっぴゃくばんうたあわせ
後京極(ごきょうごく)(九条)良経(よしつね)主催の歌合。1192年(建久3)良経が企画・出題し、12人の歌人に各百首を詠出させ、翌93年秋から披講評定に入り、藤原俊成(しゅんぜい)の加判を得て完成した。歌題は四季題50、恋題50の百題百首で、四季題のうち25題は非正統的組題で知られる『永久百首』(1116)と共通し、恋題も歌学的体系性に基づいた文芸性の濃厚な空前の組織題となっている。歌人は、保守的歌風の六条家から季経(すえつね)、顕昭(けんしょう)、経家、有家、新風の御子左(みこひだり)家から隆信、寂蓮(じゃくれん)、家隆、定家、それに権門の良経、慈円、家房、兼宗(かねむね)と、家系、身分の配慮された構成であった。おりしも建久(けんきゅう)年間(1190~99)は良経、定家ら新進歌人の新風開拓の高揚期にあたり、六条家側との論争を通じての歌風の相違が際やかに現れている。抑制を求めつつも新風に理解を示す俊成の判詞は委細を極め、これに反論した顕昭の『六百番陳状』とともに新古今時代の文芸批評の到達点をここにみることができる。[松野陽一]
『谷山茂校注『日本古典文学大系74 歌合集』(1965・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろっぴゃくばんうたあわせ ロクヒャクバンうたあはせ【六百番歌合】
鎌倉初期の歌合。建久四年(一一九三)秋、左大将藤原良経の主催で行なわれた。作者は左、良経・季経・兼宗・有家・定家・顕昭、右、家房・経家・隆信・家隆・慈円・寂蓮の一二人。判者、俊成。各人、四季・恋百題百首で、計六百番。御子左家と六条家との対立を反映して、評定論争が激しく、顕昭は「六百番陳状」を書いて反論し、特に寂蓮との論争は「独鈷鎌首(とっこかまくび)の争い」として知られる。俊成の優艷調和を説いた判詞は歌論史上注目すべきものであり、「新古今集」に与えた影響も大きい。左大将家百首歌合、後京極殿百首歌合ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六百番歌合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六百番歌合の関連情報

他サービスで検索

「六百番歌合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.