Rakuten infoseek

辞書

六波羅【ろくはら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六波羅
ろくはら
京都の地名。平安時代末期には平清盛の邸宅を中心に,平氏一族郎党の住い五千二百余戸が集っていた。平氏政権は六波羅政権とも呼ばれ,その時代を六波羅時代と称した。鎌倉時代,承久の乱後に六波羅探題が設置された。現在の京都市東山区松原町付近にあたり,空也上人の創建と伝えられる六波羅蜜寺がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろくはら【六波羅】
京都市東山区五条から七条の間の地名。平家一門の邸宅や鎌倉幕府六波羅探題があった。
六波羅探題」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろくはら【六波羅】
現在の京都市東山区内,北は松原通から南は七条通に及ぶ賀茂川東岸の地名。葬地である鳥辺野に近く,珍皇寺,西光寺などの寺院が建てられていた。空也が開いた西光寺は,その没後六波羅蜜寺と改称された。平安後期の1110年(天永1)平正盛は六波羅蜜寺内に阿弥陀堂を建立したが,このころから六波羅の地名が多く行われるようになった。正盛の子忠盛,その子清盛によって平氏の屋敷が営まれ,とくに清盛のときには大いに拡張されて20余町を占め,一族郎党の館は数千に及んだといい,その政権の本拠として栄えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろくはら【六波羅】
◇ 現在の京都市東山区松原通り付近の地名。六波羅蜜寺の所在地。平安末期には平清盛はじめ平氏一門の邸宅が並び、平氏政権の中心地となった。また、鎌倉時代にはここに六波羅探題が置かれた。
「六波羅探題」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

六波羅
ろくはら
京都市東山区松原町付近。鴨川(かもがわ)の東岸、五条と七条の間の地で、現在は空也上人(くうやしょうにん)開山の六波羅蜜寺(みつじ)がある。平安時代以来の歴史上の要地。平正盛(まさもり)がここに邸宅六波羅殿(亭)を創設し、孫の清盛(きよもり)が、初め方一町ほどであったものを20余町までに造作して、平家一門が居住した。このため、平氏政権のことを六波羅政権とよぶ。鎌倉時代になると源頼朝(よりとも)がここに京都の邸宅をつくった。承久(じょうきゅう)の乱(1221)後は南北の六波羅探題(たんだい)を設置して、京都政界の監視、西国の訴訟事務などの政務を執行する幕府の一大分身機関とした。また、鎌倉幕府滅亡後は足利尊氏(あしかがたかうじ)が陣を構え、旧探題の職員をはじめ多くの御家人(ごけにん)を吸収した地ともなった。なお、洛東(らくとう)中学校内に六波羅探題府址の石碑がある。[黒田弘子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六波羅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六波羅の関連情報

他サービスで検索

「六波羅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.