Rakuten infoseek

辞書

六波羅探題【ろくはらたんだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六波羅探題
ろくはらたんだい
鎌倉幕府の職名承久の乱後,幕府は北条時房,泰時を京都に常駐させ,幕府の出張機関として公家方の行動を監視させるとともに,洛中警固と西国御家人の統制を任務とした。以後北条氏一族中の有力者が2名,ときには1名が交代で任命され,北方,南方と呼ばれた。六波羅探題は訴訟機関としての機能を有し,評定衆引付衆も設けられた。管轄地域は,東海道は尾張より西,北陸道は越前より西と定められていたが,時代が下るに従って変更が加えられ,永仁年間 (1293~99) 鎮西探題 (→鎮西奉行 ) が新設されてからは,九州は管轄から除外された。鎌倉幕府の滅亡の際,元弘3=正慶2 (1333) 年5月足利尊氏の攻撃を受け,探題北条仲時が近江に逃れて自殺,滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろくはら‐たんだい【六波羅探題】
鎌倉幕府の職名。承久の乱後、六波羅の地に設置。南方・北方の2名からなり、京都の警護、朝廷の監視および尾張(のち三河)・加賀以西の政治・軍事を管掌した。執権に次ぐ重職で、北条氏の一族から選任した。六波羅守護六波羅殿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろくはらたんだい【六波羅探題】
鎌倉幕府が京都の六波羅に置いた機関,およびその長。鎌倉末期,1319‐22年(元応1‐元亨2)ころ成立した《沙汰未練書》に〈探題とは,関東は両所,京都には六波羅殿を云ふ〉とあるのが六波羅探題の呼称の初見であり,通常は単に〈六波羅〉ということが多かった。1185年(文治1)以来幕府は京都守護を置き,洛中の警備や京・鎌倉の連絡に当たらせた。しかし1221年(承久3)後鳥羽上皇が討幕の兵を挙げ,承久の乱が起こると,京都守護の一人大江親広は招かれて上皇方に加わり,今一人の伊賀光季は上皇方に討たれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろくはらたんだい【六波羅探題】
鎌倉幕府の職名。承久の乱後、京都の政情を監察しかつ治安を維持するために設置した、政務・軍事を統轄する執政官。南北二名を定員とし、西国諸国の訴訟を聴断するとともに、有事の際は在京人をはじめとする京都近国の御家人を指揮する権限が与えられていた。六波羅守護。六波羅殿。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

六波羅探題
ろくはらたんだい
鎌倉幕府が京都の六波羅に設置した機関、およびその長官。ただし探題という称呼は南北朝時代以後のもので、鎌倉時代には単に六波羅、六波羅守護などとよんだ。1185年(文治1)以来、幕府は京都守護を置いたが、1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱の際、後鳥羽(ごとば)上皇に滅ぼされた。この乱にあたり、幕府軍を率いて上洛(じょうらく)した北条泰時(やすとき)・時房(ときふさ)は、そのまま六波羅の北・南の居館に駐留し、乱後の処理にあたった。これが六波羅探題の起源である。その後も北・南各1名の探題が北条氏の一門から選任され、これを六波羅北方(北殿)、同南方(南殿)とよび、幕府の執権(しっけん)、連署(れんしょ)に次ぐ重職であった。しかし北と南とでは、北方のほうが上席であり、南方にはしばしば欠員があった。探題の職務は、第一は朝廷との交渉で、これには朝廷側の関東申次(もうしつぎ)である西園寺(さいおんじ)氏を介することが多かった。第二は京都をはじめ近国の治安維持で、これには探題の被官が検断頭人(けんだんとうにん)としてあたり、御家人(ごけにん)を統率した。第三が裁判で、六波羅評定衆(ひょうじょうしゅう)、同引付衆(ひきつけしゅう)らが担当したが、その職員には、幕府の評定衆をはじめとする事務官僚の上洛したものが多い。これら六波羅探題の諸機関は徐々に整備が進められ、幕府の機構に準ずるものとなった。裁判の管轄区域は、尾張(おわり)(のち三河(みかわ))、加賀(かが)以西で、鎮西(ちんぜい)探題の成立後は九州が管轄から離れた。六波羅の裁判権はしだいに強化されていったが、重要事項については鎌倉末に至るまで、幕府が裁判権を握っていた。1333年(元弘3・正慶2)後醍醐(ごだいご)天皇方の千種忠顕(ちぐさただあき)、赤松則村(あかまつのりむら)、足利高(あしかがたか)(尊)氏(うじ)らが六波羅を攻撃、探題北条仲時(なかとき)は持明院統(じみょういんとう)の後伏見(ごふしみ)・花園(はなぞの)両上皇、光厳(こうごん)天皇を奉じて逃走したが、近江(おうみ)で敗死し、ついに六波羅探題は滅亡した。[上横手雅敬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろくはら‐たんだい【六波羅探題】
〘名〙 承久の乱以後、京都に設置された鎌倉幕府の出張機関、およびその長官。尾張(後に三河)・加賀以西の西国の政務を管轄した(後に九州は鎮西探題の管轄下に入る)。はじめ守護・地頭人を処罰することができず、訴訟についても特殊な事項についての裁判権が認められないなど権限が小さかったが、後に越訴制度を設備するなど次第に裁判権が強化された。北方・南方の両名在職を原則とし、合わせて両探題とよび、引付頭人検断頭人を指揮した。六波羅管領。六波羅守護。六波羅殿。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六波羅探題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六波羅探題の関連情報

他サービスで検索

「六波羅探題」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.