Rakuten infoseek

辞書

六朝時代【りくちょうじだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六朝時代
りくちょうじだい
Liu-chao; Liu-ch`ao
中国,現在の南京 (建業〈212~280〉,建 鄴〈282~313〉,建康〈313~606〉) に首都をおいた三国の呉,東晋,宋,斉,梁,陳の六王朝をいう。六代ともいう。六朝,六代の名称は唐代になって,特に文芸上の様式をさすために用いられた。この時代の特徴として貴族政治の発達,爛熟した貴族文化が生み出されたことがあげられる。また,魏,蜀,西晋および北朝と合せて魏晋南北朝時代ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

六朝時代
りくちょうじだい
中国、時代区分の一つ。六朝とは、建康(初め建業、ついで建(けんぎょう)とよばれ、313年建康となる。いまの南京(ナンキン))に都を置き、江南を支配した呉(ご)、東晋(とうしん)、宋(そう)、南斉(なんせい)、梁(りょう)、陳(ちん)の六王朝のことである。孫権が呉を建国して建業に都を置いたのが229年、最後の王朝陳が隋(ずい)に滅ぼされたのが589年であり、したがって六朝時代とは、この間をさすことになる。しかし今日では、これら以外の華北などを支配した魏(ぎ)、蜀(しょく)、西晋(せいしん)、北朝の諸朝を含めた3世紀初から6世紀末までの時代、つまり魏晋南北朝時代の別名として一般に用いられている。[中村圭爾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六朝時代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六朝時代の関連情報

関連キーワード

トリウム系列室町時代(年表)カラカラ現行犯スケルディライダス現行犯中津(市)イソボルネオールボルネオール日本赤十字社

他サービスで検索

「六朝時代」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.