Rakuten infoseek

辞書

六十四卦【ロクジュウシケ】

デジタル大辞泉

ろくじゅうし‐け〔ロクジフシ‐〕【六十四×卦】
で、八卦(はっけ)二つずつ組み合わせてできる64の。「易経」は、この六十四卦の占いの語や解釈を記している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

六十四卦
この世の森羅万象を表すとされる「八卦」を上下に二つ重ね合わせたもの。周易では、この「六十四卦」の卦辞などから、様々な事象を占っていく。六つの爻で構成されており、各爻は一番下から初爻、二爻、三爻、四爻、五爻、上爻と呼ばれる。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ろくじゅうしけ【六十四卦】
易の卦。八卦を二つ組み合わせた六四通りの卦。 → 八卦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろくじゅうし‐け ロクジフ‥【六十四卦】
〘名〙 易で、八卦(はっけ)を二卦ずつ重ねることによって得た六四の卦の総称。中国伝説上の皇帝伏羲が八卦を劃し、周の文王がそれを重ねて六十四卦としたと伝えられる。易経はこの六十四卦から成り、上経三十卦、下経三十四卦に分ける。すなわち、乾・坤・屯・蒙・需・訟・師・比・小畜・履・泰・否・同人・大有・謙・予・随・蠱・臨・観・噬嗑・賁・剥・復・无妄・大畜・頤・大過・坎・離・咸・恒・遯・大壮・晉・明夷・家人・睽・蹇・解・損・益・夬・姤・萃・升・困・井・革・鼎・震・艮・漸・帰妹・豊・旅・巽・兌・渙・節・中孚・小過・既済・未済の総称。
※本朝文粋(1060頃)七・贈藤原行成状〈大江匡衡〉「易六十四卦、決屯蒙於儒人、詩三百五篇、致諷喩於帝者」 〔史記‐周本紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六十四卦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六十四卦の関連情報

他サービスで検索

「六十四卦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.