Rakuten infoseek

辞書

公転【こうてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公転
こうてん
revolution
惑星衛星伴星がそれぞれ太陽,惑星,主星のまわりを周期的に周回運動すること。天体がその軸を中心に回転する自転に対する語。公転は近似的にはケプラーの法則で表わされるが,実際にはほかの天体の重力によって摂動を受け,公転の軌道や周期は複雑なものになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐てん【公転】
[名](スル)天体が他の天体の周囲を周期的にまわること。「惑星が太陽のまわりを公転する」→自転2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうてん【公転】
天体が他の天体のまわりを回る回転運動のこと。惑星やすい星の太陽のまわりの回転,衛星の母惑星のまわりの回転,連星系における伴星の主星のまわりの回転,連星状銀河における伴銀河の主銀河のまわりの回転がこの例である。これに対して,天体が自分自身の中にある一つの軸を中心として回転する運動を自転という。公転運動は,近似的にケプラー運動となり,運動の状態は6個の軌道要素で示される。【湯浅 学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうてん【公転】
スル
ある天体が他の天体のまわりの軌道上を一定の周期で運行すること。 → 自転

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公転
こうてん
惑星は太陽の周りを周回運動する。この運動を公転という。公転という用語は、さらに広く使用される。すなわち、衛星が惑星を回る運動、連星系をつくっている恒星が互いの共通重心を巡る運動も公転とよんでいる。ニュートンの力学第一法則により、外力が働かない物体は等速直線運動をする。ゆえに、惑星や衛星が周回運動をするのは、力が働いている証拠であって、その力は周回する物体と中心にある物体とが引きう力、つまり引力である。[大脇直明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐てん【公転】
〘名〙 ある天体が他の天体の周囲を軌道を描いて周期的に回転すること。太陽の周囲の惑星の運動、惑星の周囲の衛星の運動など。周転。運行。⇔自転
窮理図解(1868)〈福沢諭吉〉九章「日輪を中心にして大廻にこれを廻り、三百六十五日と二時半余にて本の処に帰る。これ即ち一年なり。これを地球の公転(コウテン)といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公転」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公転の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.