Rakuten infoseek

辞書

公私【オオヤケワタクシ】

デジタル大辞泉

おおやけ‐わたくし〔おほやけ‐〕【公私】
公に関することと私に関すること。こうし。
「左の大臣も、―、引きかへたる世の有様に」〈・賢木〉
朝廷と民間。朝野。
「かくて今は御禊、大嘗会など、―の大きなる事におぼし騒ぐに」〈栄花・日蔭のかづら〉
表向きと内輪。
「―おぼつかなからず」〈・三一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐し【公私】
おおやけとわたくし。的な事と私的な事。「公私のけじめ」「公私にわたる」「公私混同」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうし【公私 gōng sī】
中国において,古代より論議され続けてきた対立命題。江戸期の荻生徂徠は次のように明解に定義する。〈公なるものは私の友なり。の同じくする所,これを公といい,己の独りもっぱらにする所,これを私という〉(《弁名》)。公・私が指す内容は時代,学派,思想家によって揺れがあるが,両者の対立はひとまず公共的・共同体的価値と人的価値との対立に置きかえることができよう。しかし中国では,個があってこそ全体が成立しうるという発想をとらず,個が存在しうるのは全体があるからだと考えるので,公志向がきわめて強く,公共的なものへと開かれない個人的諸価値は,おしなべて私=利己主義(エゴイズム)と呼ばれて排斥された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうし【公私】
おおやけ事とわたくし事。公共や公務に関することと私的なこと。 -を混同する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おおやけ‐わたくし おほやけ‥【公私】
〘名〙 (「おおやけ」と「わたくし」との意)
① 朝廷に関する物事と、個人に関する物事。こうし。
※源氏(1001‐14頃)賢木「左の大臣も、おほやけわたくし、引きかへたる世の有様に、もの憂く思して」
② 朝廷と民間。朝野。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「かくて物し給はば、おほやけわたくし惜しみ聞ゆれば」
③ 表向きとうちわ。公用の物事と私用の物事。
※枕(10C終)三一「世の中の物がたり、〈略〉おほやけわたくしおぼつかなからず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く‐し【公私】
〘名〙 (「く」は「公」の呉音) =こうし(公私)〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐し【公私】
〘名〙
① おおやけとわたくし。公的なことと私的なこと。また、君公と私。くし。
※続日本紀‐和銅二年(709)一〇月丙申「害蠧公私。莫斯弊
※寸鉄録(1606)「公私(コウシ)義理のちがひ、大にかはるぞ」 〔韓非子‐難三〕
② 公田と私田。
※黄葉夕陽邨舎詩‐前編(1812)二・雑詩三首・一「比歳値、公私多就荒」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公私」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公私の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.