Rakuten infoseek

辞書

公示送達【コウジソウタツ】

デジタル大辞泉

こうじ‐そうたつ【公示送達】
民事訴訟法で、送達しなければならない書類をいつでも交付するを、一定期間裁判所掲示板に掲示することによって送達の効果を生じさせる方法。当事者の住居所が不明のとき、または外国で嘱託送達のできない場合などに認められる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうじそうたつ【公示送達】
民事訴訟法上の特殊な送達方法の一種で,送達すべき書類を,送達を受けるべき者が出頭すればいつでも交付する旨を裁判所の掲示場に掲示(呼出し状の場合はそれを貼付)することによって行う(民事訴訟法111条。)。当事者に主張立証の機会を与え審理の充実を期するには,現実の通知(正規の方法は送達)が必要であるが,当事者の住居所その他送達場所が知れない場合や,外国で嘱託送達の方法がとれないかその効果がないと認められる場合など,他方の当事者に裁判を受ける機会を確保するためにやむをえない事情があるときは(110条1項),いわば最後の手段として公示送達の道がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうじそうたつ【公示送達】
名宛人の住居所不明などの理由により書類の送達ができない場合に、一定期間裁判所の掲示板に掲示することにより送達の効果を生じさせる方法。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうじ‐そうたつ【公示送達】
〘名〙 訴訟関係書類の送達方法の一つ。当事者の住居所の不明な場合、または通常の送達方法によることができない場合などに、その書類を一定期間、裁判所の掲示場などに掲載して公示するもの。本人に送達したと同一の効力を生ずる。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)一五七条「公示送達は〈略〉裁判所書記之を取扱ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公示送達
こうじそうたつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公示送達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公示送達の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.