Rakuten infoseek

辞書

公用語【こうようご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公用語
こうようご
official language
ある家で式の使用のために定められた言語。多くの合,その国の国語と一致するが,多民族国家などの場合,国語以外の言語も公用語として認められることがある。たとえばシンガポールではマレー語を国語と定めているが,そのほかに中国語,タミル語,英語が公用語として認められている。インドではヒンディー語が国語であるが英語も公用語として認められ,さらに州ごとに公用語が存在する。 (→インド諸語 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうよう‐ご【公用語】
ある国や地域で、おおやけの場での使用が定められている言語。また、国際機構国際機関で、おおやけの場での使用が定められている言語。一つの言語とは限らない。
[補説]国際連合の公用語は、中国語英語フランス語ロシア語スペイン語アラビア語六つ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうようご【公用語】
公の場,すなわち,行政,教育裁判などにおいて用いられることが認められている言語。通常は国単位で定められる。国の公用語は国語とも呼ばれる。日本のように,方言差はありながらも全国的に一言語だけが話されているといえるような国では,とくに法的に公用語を指定する必要はないが,一国内に複数の言語が話されている場合はいずれかを公用語とする必要が生ずる。ただし1言語のみを公用語とする場合と,複数の言語を公用語とする場合がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうようご【公用語】
一国内など共同体の内部で多言語が使用されている場合、公の場で使用されることが正式に認められている一つまたは複数の言語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公用語
こうようご
公の文書や公の場での会話に用いられることが認められた言語。日本のように、一つの国のなかで一言語しか話されていないといえる状態である場合、当然その言語(ただし、いずれかの方言をもとにしたもの)が公用語(国語)となるが、複数の言語が話されている場合、そのうちのどれかを公用語と定める必要が生じる。国によってそうした公用語が一つである場合と、複数である場合がある。
 多言語の国では、どの言語を公用語とするかがしばしば紛争の種となる。その理由の一つは、公用語を使いこなせることが社会的地位を保証する要件になることが多く、その公用語を母語とする集団が圧倒的に有利になるという点にある。また、国として複数の言語を公用語としても、なんらかの順序づけを与えることもありうる。さらに、国内に話される言語の数が多く、しかも土着語で国全体の共通語として発達しているものがない国では、国の公用語のほかに地方公用語をいくつか認めている場合がある。たとえばザンビア(アフリカ)においては、国の公用語(国語)は英語であるが、いくつかの土着言語(たとえば、ベンバ語、ニャンジャ語、ロジ語など)を地方公用語として認めている。これらはもともと地方共通語として力をもっていたものであるが、そのいずれもが国全体の共通語にはなりえないため、旧宗主国の言語を国語とする一方、このような措置をとったものと考えられる。同様の事情は隣国コンゴ民主共和国(旧ザイール)などにも認められる。[湯川恭敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうよう‐ご【公用語】
〘名〙
① 公用文の用語。
② 国内に複数の言語が用いられている国家で、その国の正式の国語として認められている言語。また、国際間に設けられた公的機関で、法律的効力を持つものとして正式に認められている言語。
※高知日報‐明治二〇年(1887)一月一四日「我国にても遠からぬ内に内外人の雑居を許さるるならんが、雑居後の公用語は是までの通り日本語のみと限らるべきか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公用語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公用語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.