Rakuten infoseek

辞書

公民【コウミン】

デジタル大辞泉

こう‐みん【公民】
国政地方公共団体の公務に参加する権利と義務を持つ者。市民。
公務員と民間。「給与の公民格差」
学校の教科の一。現代社会の仕組みや社会倫理などについて学ぶ。公民科。
律令制で、口分田(くぶんでん)を受け、戸籍に登録され、租税を納める人民。良民

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうみん【公民】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうみん【公民】
〔citizen〕 国家の政治に参加する権利をもつものとしての国民。市民。
律令制下、天皇(国家)の直接支配する人民。口分田くぶんでんの班給を受け、戸籍に登録されて、租・庸・調・雑徭ぞうようなどを負担する義務のある者。貴族・賤民以外の良民のこと。
中学校社会科の一分野。公民的分野。また、「公民科」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公民
こうみん
citizen
今日では市民と同義に用いられることが多い。現代社会の構成員として、政治ないし公務に積極的、能動的に参加するという地位、資格、活動の側面を強調していうことば。しかし古くは、公民は律令(りつりょう)制度のもとで貢納の義務を負う農民や、わが国の明治憲法下の旧市制・町村制において公務に参与する一定の限られた資格を有する住民をさした。日本国憲法下でもこのことばは法律用語として用いられている(労働基準法7条、教育基本法8条など)。したがってこのことばは、明治憲法下では臣民として参政権を有する立場を表すものであり、最近では、「公民科」「公民館」「公民権」などの用法にみられるように、政府や役所の側から参政権をみた場合に用いられるニュアンスがある。しかし、アメリカの黒人解放運動の一環として「公民権civil rights運動」という訳語が用いられている場合の公民は、市民とまったく同義である。同じことばが国連の国際人権規約の場合には「市民的権利」と訳されているからである。[飯坂良明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐みん【公民】
〘名〙
① 古代の人民の身分を示す語。班田収授法によって口分田班給をうけ、国に対して租庸調雑徭などの貢納の義務を負っていた農民。品部雑戸は除かれた。おほみたから。⇔私民
※熱田神宮古文書‐嘉祥三年(850)三月一一日・太政官符案「今所在課丁不幾、而混雑公民迄有未進」
② 国または地方公共団体で、参政権をもつ国民。市民。狭義では、旧憲法下において、特定の資格を有し、市町村の公務に参与する権利義務を認められた者。
市制及町村制(明治二一年)(1888)市制・九条「其公民たるの権を失ふものとす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公民」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公民の関連情報

他サービスで検索

「公民」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.