Rakuten infoseek

辞書

公式【こうしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公式
こうしき
formula
定式,法式ともいう。ごく普通には,それからの演繹や議論を可能にする,簡単で正確な陳述をいうが,さらには,個別的内容を止揚して普遍的な法則を与える,正確で普遍的な陳述をもいい,一般に「公式化する」といわれるような場合にはこの意味で使われている。 (→公理 , 定理 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐しき【公式】
おおやけに定められた形式。また、公的な手続きを踏んで物事を行うこと。「公式の行事」「公式の見解」「公式に訪問する」「非公式
数や式の間に成り立つ関係を、数学上の記号を用いて表示した式。「公式に当てはめて計算する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうしき【公式】
おおやけに決められている方式や形式。またそれにのっとって物事を行うこと。 ⇔ 非公式 「 -の報告書」 「 -に認める」 「 -的な見解」
計算の方法や法則を示すために文字を用いて表した式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公式
こうしき
因数分解でよく利用する等式
  a2-b2=(a+b)(a-b)  (1)
や、円の面積Sと半径rとの関係を示す等式
  S=πr2       (2)
のように、法則や定理を文字を用いた等式で表現したもので、いろいろな目的に対してよく利用されるものをいう。利用の頻度、重要性についての判断は人によって異なるので、どれを公式とみるかも人によって異なる。この意味では、定理や法則などの場合と同様、かなり価値判断のはいった主観的な語である。
 (1)の式では、文字a、bにどんな数値を代入しても等号が成り立つ、すなわち恒等式であって、左辺の形の式の言い換えが右辺の形の式であることを示している。このように、恒等式である公式は、式表現の形を変えていく場合の根拠になるものである。これに対して(2)の式では、πの値は3.14……(円周率)として定まっているが、rやSにかってな値を代入しても等号は成り立たない。等号が成り立つようなSとrの値は、組になっている。すなわち、これはSとrについての方程式である。方程式の形の公式は、数の世界の外にある事象の関係を、数の世界の中の関係として表現したもので、数値の代入計算によって、ある量を算出するのに利用される。[島田 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐しき【公式】
〘名〙
① おおやけに決められた形式にのっとって物事を行なうこと。また、個人的でなく、おおやけに行なうこと。
※招かれて見た中共(1956)〈橘善守〉百年河清を待たず「第一次五カ年計画の目的は〈略〉公式には次のごとく要約されている」
② 旧憲法のもとで、法令、予算、条約などを公布する方式。公式令で定められていたが日本国憲法の施行によって廃止された。
③ 一般的な原理や計算法則を数式で示したもの。〔工学字彙(1886)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「力学上の公式から演繹して御覧に入れ様」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公式の関連情報

他サービスで検索

「公式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.