Rakuten infoseek

辞書

公共【コウキョウ】

デジタル大辞泉

こう‐きょう【公共】
社会一般。おおやけ。また、社会全体あるいは国や公共団体がそれにかかわること。「公共の建物」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうきょう【公共】
公共は英語のpublicの訳語として用いられる。この意味での公共,すなわち公的領域は,私的領域に対立して人間生活の一半を構成する。それが典型的に成立したのは,ギリシアポリスにおいてであった。H.アレントによれば,公的なものとは,万人によって見られ,聞かれ,かつ評価される存在を意味する。いいかえれば,それは人々が見る,聞く,評価するなどの主体的行動を通じて,ものごとの価値を問いうることを意味している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうきょう【公共】
スル
社会全体に関すること。おおやけ。
おおやけのものとして共有すること。 人間の-するや衆人相共に其務む可き所を尽して/明六雑誌 21

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

公共
2016年度改訂予定の学習指導要領において導入が検討されている、高校教科公民」の新たな必修科目。15年現在、科目名は仮称新設が決定すれば、22年度から学年ごとに順次実施される。選挙権年齢の18歳以上への引き下げに伴い、社会参画に必要な力を育成するのが狙い。学習内容は、社会保障財政納税、選挙、就労、家族、国際平和、文化・宗教など多岐にわたる見通しで、他教科との連携も検討される。
(2015-8-7)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐きょう【公共】
〘名〙
① 社会一般。公衆。おおやけ。
※語孟字義(1705)下「非議孟子之説者、皆不道為天下公共之物、而漫為臆説耳」
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)八条「天皇は公共の安全を保持し」
② (━する) 公衆が共有すること。社会全体がそれにかかわること。
※明六雑誌‐三八号(1875)転換蝶鉸説〈阪谷素〉「租税財政は国家の神経、衆庶公共すべきの大なる物にして」 〔史記‐張釈之伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公共」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公共の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.