Rakuten infoseek

辞書

八音【はちおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八音
はちおん
(1) 中国古来の楽器の分類法。発音素材により金・石・糸・ (ほう。ふくべ) ・土・革・木の8種に分けた。「はちいん」「はっちん」ともいう。 (2) 雅楽六調子に上無調と下無調を加えた総称。 (3) 如来の音声にそなわる8種類の徳。名称は経典によって異なる。『大毘婆沙論』によれば,極好音・柔軟音・和適音・尊恵音・不女音・不誤音・深遠音・不渇音の8種。「はっとん」ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はち‐いん【八音】
連声(れんじょう)で「はっちん」とも》
中国で、発音体の材料によって分類した8種の楽器。金(きん)(鐘(しょう))・石(せき)(磬(けい))・糸(し)(弦楽器)・竹(ちく)(管楽器)・匏(ほう)(笙(しょう))・土(ど)(壎(けん))・革(かく)()・木(もく)(敔(ぎょ))。はちおん。また、広く楽器や音楽のこと。
雅楽で、平調(ひょうじょう)黄鐘調(おうしきちょう)盤渉調(ばんしきちょう)壱越調(いちこつちょう)双調(そうじょう)太食調(たいしきちょう)・上無調(かみむちょう)・下無調(しもむちょう)の8種の音階。はちおん。
はちおん(八音)3

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はち‐おん【八音】
はちいん(八音)1」に同じ。
はちいん(八音)2」に同じ。
連声(れんじょう)で「はっとん」とも》仏語如来の説法の音声に備わる8種のすぐれた特徴。極好音・柔輭(にゅうなん)音・和適(わちゃく)音・尊慧(そんえ)音・不女音・不誤音・深遠(じんのん)音・不竭(ふかつ)音。八種梵音声(はっしゅぼんのんじょう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっ‐ちん〔ハチイン〕【八音】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっ‐とん〔ハチオン〕【八音】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はちおん【八音】
中国古来の楽器分類法。朝鮮や日本の雅楽でも用いることがある。日本では〈はちいん〉とも〈はっちん〉ともいう。楽器の主要部の素材によって,金,石,糸,竹,匏(ほう),土,革,木の八つに分類する。金には鐘((かね)),((かね)),(によう),方響など,石には(けい),糸には(きん),(しつ)など,竹には(しよう),籥(やく),篪(ち)など,匏には,竽(う),土には(けん),缶(ふ),革には種々の鼓の類,木には(しゆく),(ぎよ)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はちいん【八音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はっちん【八音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はちいん【八音】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はちおん【八音】
古代中国の楽器分類法。材質により金きん(鐘)・石せき(磬けい)・糸(弦楽器)・竹ちく(管楽器)・匏ほう(笙しよう・竽)・土(壎けん)・革かく(鼓)・木もく(柷しゆく・敔ぎよ)の八種に分類。はちいん。はっちん。転じて各種楽器また音楽をさす。
〘仏〙 〔「はっとん」とも〕 如来のそなえている音声の八つのよい特徴。極好音・柔輭にゆうなん音・和適音・尊慧音・不女音・不誤音・深遠じんのん音・不竭ふけつ音。八種清浄音。八種梵音声はつしゆぼんのんじよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっちん【八音】
〔「はちいん(八音)」の連声〕
はちおん(八音)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっとん【八音】
「はちおん(八音)」の連声。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はち‐いん【八音】
〘名〙 (連声で「はっちん」とも)
① 中国の八種の伝統楽器。楽器をその発音体の材料によって分類してある。金(鐘の類)・石(磬)・糸(琴の類)・竹(笛の類)・匏(ほう)(笙の類)・土(壎)・革(鼓の類)・木(拍板の類)の八種。また、音楽のこと。
※三教指帰(797頃)上「客調八音、詠言帰之詩、主段二轄称途露之滋」
※太平記(14C後)一三「八音(イン)(まつりごと)と通ずといへり」 〔書経‐舜典〕
② 雅楽六調子の上下に、無調を加えたものをいう。〔教訓抄(1233)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はち‐おん【八音】
〘名〙
① (連声で「はっとん」とも) 仏語。如来の説法の音声に八種の徳があること。極好・柔輭(にゅうなん)・和適・尊慧・不女・不誤・深遠・不竭の八種の音。八種梵音声。〔往生要集(984‐985)〕 〔三蔵法数‐三一〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっ‐ちん ハツイン【八音】
〘名〙 (「はついん(八音)」の連声) ⇒はちいん(八音)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっ‐とん ハチオン【八音】
〘名〙 (「はちおん(八音)」の連声) ⇒はちおん(八音)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八音の関連情報

他サービスで検索

「八音」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.